このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110284
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2012-012
事例作成日
(Creation date)
2012年06月17日登録日時
(Registration date)
2012年08月22日 18時41分更新日時
(Last update)
2012年12月08日 14時29分
質問
(Question)
名古屋は昔から習い事、芸事が盛んだそうだ。尾張徳川家が芸事を奨励していたと聞いたことがあるが、それが分かるような資料があれば見たい。
回答
(Answer)
『芸処名古屋をたずねて』『中京芸能風土記』によると、藩祖義直の代から尾張藩主は芸能に親しみ、特に七代宗春が積極的な政策を行ったということです。

『なごやと能・狂言』には初代から四代の尾張藩主と能の関わりについて記述があります。

『新修名古屋市史』第三巻第11章第四節には「近世前半の尾張の芸能」として、芸能の発展について書かれています。

個々の芸事については『名古屋市史 風俗編』『芸どころ』に詳細な記述があります。
回答プロセス
(Answering process)
郷土資料コーナーの7門の棚を探すと、『芸処名古屋をたずねて』『中京芸能風土記』『芸どころ』『なごやと能・狂言』が見つかりました。

また、名古屋市史を調べると、『名古屋市史 風俗編』、『新修名古屋市史』第三巻にそれぞれ記述がありました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
演劇史.各国の演劇  (772 9版)
茶道  (791 9版)
参考資料
(Reference materials)
『芸処名古屋をたずねて』 安田文吉/著  名古屋北ライオンズクラブ 2009年
『中京芸能風土記』 関山和夫/著  青蛙房 1970年
『なごやと能・狂言』 林和利/著  風媒社 2007年
『芸どころ』 大野一英/著  名古屋タイムズ社 1975年
『新修名古屋市史』第三巻  新修名古屋市史編集委員会/編集  名古屋市 1999年
『名古屋市史 風俗編』 名古屋市  1915年
キーワード
(Keywords)
名古屋市-演劇・芸能
尾張の芸事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000110284解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!