このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
春野-1-00017
事例作成日
(Creation date)
20180429登録日時
(Registration date)
2019年01月13日 16時27分更新日時
(Last update)
2019年03月05日 20時04分
質問
(Question)
①木を曲げる技術について知りたい。日本ではいつごろから曲げの技術があったのか?また曲げに向いている木の種類も知りたい
②昔の木製の車輪の構造がわかる本はあるか(木を曲げて作っていたのか?)
回答
(Answer)
①『日本大百科全書 21 へき-ます 2版』, 小学館, 1995年.
 → 曲げ木について記載有 p.853-
  "木材を蒸したりまたは煮沸して塑性を増大させ、金型にはめてそのまま乾燥し、望みの曲線をもつ材にしたものをいう"
  "日本に曲木が入ってきたのは1907(明治40年)ころ"
  "曲木に適する用材は、ヒッコリー、トネリコ、ナラ、ブナ。ブナが一般的"

②『車』, 蓮實重彦 [ほか]著, 東京大学出版会, 1999年.
 → p.187"日本の場合には物資運搬用の荷車は奈良時代"
 → p.187"乗用の車である牛車は九世紀に入ってから"
 → p.206"車輪は一本の材をくりぬいてつくるのではなくて、いくつかの弧の形の部材を組み合わせて作る。"

 『牛車で行こう! : 平安貴族と乗り物文化』, 京樂真帆子 著, 吉川弘文館, 2017年.
 → p.87 牛車図 車輪の図記載有

 『江戸の旅と交通』, 竹内誠 監修, 学習研究社, 2003年.
 → p.94 大八車図 牛車図

 『川越氷川祭りの山車行事 : 調査報告書 : 埼玉県指定無形民俗文化財』, 川越市教育委員会 編, 川越市教育委員会, 2003年.
 → pp.360-386 山車に使用されていた車輪の拡大図あり
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
自動車工学  (537 10版)
交通史.事情  (682 10版)
参考資料
(Reference materials)
蓮實重彦 [ほか]著 , 蓮実, 重彦, 1936-. 車. 東京大学出版会, 1999. (東京大学公開講座 ; 68)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002794333-00 , ISBN 4130030981
京樂真帆子 著 , 京樂, 真帆子. 牛車で行こう! : 平安貴族と乗り物文化. 吉川弘文館, 2017.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028311796-00 , ISBN 9784642083188
竹内誠 監修 , 竹内, 誠, 1933-. 江戸の旅と交通. 学習研究社, 2003. (Gakken graphic books deluxe ; 32. 図説江戸 ; 6)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004238979-00 , ISBN 4054019919
川越市教育委員会 編 , 川越市教育委員会. 川越氷川祭りの山車行事 : 調査報告書 : 埼玉県指定無形民俗文化財. 川越市教育委員会, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004289570-00
日本大百科全書 21 へき-ます 2版. 小学館, 1995-00.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I072893046-00 , ISBN 4095261218
キーワード
(Keywords)
牛車
車輪
曲木
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000250148解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!