このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H27-005
事例作成日
(Creation date)
2015年5月16日登録日時
(Registration date)
2015年08月07日 11時35分更新日時
(Last update)
2016年07月05日 17時25分
質問
(Question)
矢倉沢往還(やぐらさわおうかん・やぐらざわおうかん)とは現在でいうとどこを通っている道なのか知りたい。
回答
(Answer)
矢倉沢往還は、江戸時代に整備された道で、赤坂御門から三軒茶屋を通り、多摩川を渡り、溝口(現川崎市高津区)・厚木(現厚木市)・関本(現南足柄市)を経由して、足柄峠から駿州(静岡県)に達する。
以下の資料を提供した。
『日本歴史地名大系14』
『角川日本地名大辞典14 神奈川県』
『鎌倉・横浜と東海道』
『かながわの古道』
回答プロセス
(Answering process)
大和市から南足柄の方を通っていたとの利用者情報により、神奈川県の地名辞典を確認した。

『日本歴史地名大系14』 平凡社 1984 【s26644179 R291】
p35 矢倉沢往還の項目あり。

『角川日本地名大辞典14 神奈川県』 角川書店 1984 【s06529572 R291】
p883-884 矢倉沢往還の項目あり。 
p1483 近世交通図あり。

自館OPACにて“カナガワ コドウ” “ヤグラサワ” “ヤグラザワ” それぞれのキーワードで検索する。見つかった資料の内容を確認した。

『鎌倉・横浜と東海道』 神崎彰利/編 福島金治/編 吉川弘文館 2002 【s24309296 K0-21】
p30-38 矢倉沢往還の項目に、歴史的説明と、現在の地理に対応した詳細な道案内の記載あり。

『かながわの古道』 阿部正道/著 神奈川合同出版 1985 【s07473754 K0-29】
p149-150 矢倉沢往還の項目あり。 
p130 近世の街道の大まかな地図あり。

いずれの資料にも、以下の内容の記載あり。
矢倉沢往還は、江戸時代に整備された道で、赤坂御門から三軒茶屋を通り、多摩川を渡り、溝口(現川崎市高津区)・厚木(現厚木市)・関本(現南足柄市)を経由して、足柄峠から駿州(静岡県)に達する。 

調査済資料
『県別全国古街道事典 東日本編』 みわ明/編 東京堂出版 2003 【s21870928 682.1】

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
大和市から南足柄の方を通っていた昔の道である。
NDC
日本  (291 9版)
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本歴史地名大系14』 平凡社 1984
『角川日本地名大辞典14 神奈川県』 角川書店 1984
『鎌倉・横浜と東海道』 神崎彰利/編 福島金治/編 吉川弘文館 2002
『かながわの古道』 阿部正道/著 神奈川合同出版 1985
キーワード
(Keywords)
矢倉沢往還
神奈川
古道
ヤグラザワオウカン
ヤグラサワオウカン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000178121解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!