このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2B-200912-02
事例作成日
(Creation date)
2009/09/01登録日時
(Registration date)
2010年02月16日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年04月21日 10時18分
質問
(Question)
緑化人口(ガーデニングをする人)がどれくらいいるか知りたい。
回答
(Answer)
以下の2つの統計で、趣味(園芸)にかけた時間・園芸用品への消費動向が分かります。

1.「社会生活基本調査」(5年ごとに調査)

国民の生活行動として、「趣味・娯楽の種類別行動者率」の統計が掲載。
その中の項目として「園芸・庭いじり・ガーデニング」あり。

平成18年  http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001008009&cycode=0
59表「男女,趣味・娯楽の種類,頻度別行動者数,平均行動日数及び行動者率」
「生活行動編(全国)」の「趣味・娯楽」の62-2表に「園芸・庭いじり・ガーデニング」の項目あり。

また、「生活行動編」の「結果概要(PDF)」 http://www.stat.go.jp/data/shakai/2006/pdf/gaiyou.pdf
(p.16~17)に「園芸・庭いじり・ガーデニング」についての分析掲載。

平成13年  http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000000150001&cycode=0
6表「男女,年齢,趣味・娯楽の種類別行動者率(平均行動日数特掲)」

平成8年  http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001011057&cycode=0
Ⅱ-4表「男女,年齢,趣味・娯楽の種類別行動者率」

インターネットでは公開されていない、調査開始の昭和51年から平成3年までの「社会生活基本調査」は大阪市立中央図書館で所蔵。

2.「全国消費実態調査報告」(5年ごとに調査)

「品目別1世帯当り1か月間の支出」の統計の中に「847 園芸品・同用品」の項目あり。

平成16年  http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000000640069&cycode=0
総世帯・6表「年間収入階級・年間収入五分位階級・世帯主の年齢階級,購入形態,品目別1世帯当たり1か月間の支出」の「全世帯・勤労者世帯その3」に「847 園芸品・同用品」あり。

平成11年  http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000000640002&cycode=0
H16と異なり「総世帯」の項目がないので、二人以上の一般世帯(全国編)1表の「年間収入階級,品目別1世帯当たり1か月間の支出」の「全世帯・勤労者世帯その3」を参照。
「847 園芸品・同用品」あり。
 
インターネットでは公開されていない、調査開始の昭和39年から平成6年までの「全国消費実態調査報告」は大阪市立中央図書館で所蔵。

(URLは2010.2.15確認)
回答プロセス
(Answering process)
政府統計の総合窓口 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do  (2010.2.15確認)で調査
事前調査事項
(Preliminary research)
『マガジンデータ』で、『趣味の園芸』の発行部数を調査したが、よりさかのぼりたい。
NDC
園芸  (620 9版)
参考資料
(Reference materials)
「社会生活基本調査」
「全国消費実態調査報告」
キーワード
(Keywords)
緑化人口
ガーデニング
社会生活基本調査
全国消費実態調査報告
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063502解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!