このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154758
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00760
事例作成日
(Creation date)
2014年6月20日登録日時
(Registration date)
2014年06月20日 15時14分更新日時
(Last update)
2014年08月19日 13時27分
質問
(Question)
子取り魔について
「妖怪お化け雑学事典」千葉幹夫著 講談社
p40 に京都の妖怪ということで出ていたが別文献による裏付けが欲しい。
回答
(Answer)
子取り魔が載っている資料は見つからず。
人の子をさらうお化けをさす「子取りぞ」「子取り」「コトリボウズ」が載っている資料はあり。

「全国妖怪事典」 千葉 幹夫/編 小学館
p172 コトリゾ(子取りぞ)
「柳田國男全集 20 」 柳田 国男/著 筑摩書房
p262-263 ”島根県その他ではこれをコトリゾと謂って居た。”
「妖怪事典」 村上 健司/編著 毎日新聞社
p162 コトリゾ(島根)、コトリボウズ(愛媛)
「柳田國男全集 3」 柳田 国男/著 筑摩書房
p502 ”隠し婆は古くは子取尼などとも謂って、実際京都の町にもあったことが「圀大暦」の文和二年3月二十六日の条に出て居る。”

コメントをいただいたので追記(2014.8.19):
『園太暦』太洋社 1940年10月 
文和二年(1353年)三月二十六日の条に“二十六日、天晴、伝聞、武家検断土岐頼泰(康)舎弟長山某召捕人殺尼、渡大路自一条町至六条渡之、捕人児殺之、及数十人云々者、”とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380)
伝説.民話[昔話]  (388)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000154758解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!