このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00365
事例作成日
(Creation date)
2012年06月22日登録日時
(Registration date)
2012年07月24日 13時59分更新日時
(Last update)
2018年02月21日 19時00分
質問
(Question)
近代日本において、信教の自由を初めて唱えた政治家は誰か。
また、彼がキリスト教に関心を持つきっかけとなり、アメリカ留学中に共に暮らした霊的思想者の名前を知りたい。
回答
(Answer)
「日本」「宗教」「自由」「キリスト教」などをキーワードにウェブサイトを検索したところ、
「森有礼とホーレス・マン―「宗教自由論」を中心として―」(秋枝 蕭子著、『文芸と思想』35,p.62-76(1971.12.10))という論文を見つけた。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000211998 (2012.7.24最終確認)

そこで、森有礼について調べたところ、
(1)『図説明治人物事典 政治家・軍人・言論人』 日外アソシエーツ 2000
(2)『日本近現代人名辞典』 吉川弘文館 2001
(3)『異文化遍歴者森有礼 異文化接触と日本の教育』 木村 力雄/著 福村出版 1986
によると、森有礼は、アメリカで『日本における宗教の自由』や『日本における教育』などの英文著作を出しており、神秘主義的キリスト教徒トーマス・レイク・ハリスの主宰するコロニー「新生社」に参加し、キリスト教の影響を強く受けたことがわかった。

(4)『森有礼 人物叢書 新装版』 犬塚 孝明/著 吉川弘文館 1986
p.65にトーマス・レイク・ハリスのこと、p.152~156に『日本における宗教の自由』について書かれている。

(5)『日本哲学思想全書 第8巻 宗教論一般篇』 三枝 博音/編集委員 平凡社 1980
p.149~168に『日本における宗教の自由』の解題、本文が載っている。

以上より、近代日本において「初めて」という確証は得られなかったが、信教の自由を唱えた政治家は森有礼氏で、森氏と共に暮らした霊的思想者はトーマス・レイク・ハリス氏と思われる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
国家と個人.宗教.民族  (316 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
信教の自由
森有礼
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000109281解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!