このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151143
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00733
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年03月24日 16時43分更新日時
(Last update)
2014年05月02日 14時21分
質問
(Question)
①聖ヨハネ祭
②チェルノボーグ について知りたい。
回答
(Answer)
①聖ヨハネ祭については、以下の資料に記載あり。

・『世界大百科事典 29』 平凡社 2007.9 
p242に聖ヨハネ祭について20行程度の次のような記述がある。
「ハプステマのヨハネの生誕祭 6月24日(略)夏至の日となった。ヨハネ祭という名称はキリスト教的表現であるが、夏至の祝祭はキリスト教よりはるかに古く、全ヨーロッパで広く祝われた」

・『ヨーロッパの祭りたち』浜本 隆志/編著 明石書店 2003.4
p18 夏至祭とヨハネの日
p80 ドイツの歳時記 六月二四日 聖ヨハネ祭
p127 ロシアの祭り 聖ヨハネ祭
p133 ロシアの祭り 聖ヨハネ祭/イワン・クパーラは夏至の祭りだ
p141~142 聖ヨハネ祭/イワン・クパーラ
p160 フランスの歳時記 六月二四日 聖ヨハネ祭
p200 スペインの歳時記 六月二四日 聖ヨハネ祭
p246 イタリアの歳時記 六月二四日 聖ヨハネ祭

・『ロシアの祭り 民衆文化と政治権力』 阪本 秀昭/[著] 東洋書店 2009.6 
p16~ 春送りの祭り「イワン・クパロ」
イワン・クパロ(洗礼者イオアン)の日 イオアンはヨハネのスラヴ語


・『ロシアの神話』エリザベス・ワーナー/著 丸善 2004.2
p42 ウクライナのイヴァン・クパーラの祭りで火を飛び越える若者たちのイラストあり
p107 夏至の頃、女魔術師が活躍する 
とある。


・『図説ヨーロッパの祭り』谷口 幸男/著 河出書房新社 1998.11 
p81~94 第7章 夏至祭 オーストリアやスウェーデンの祭りが載っている。

・『ヨーロッパ祝祭日の謎を解く』アンソニー・F.アヴェニ/著 創元社 2006.12
p155~ 第7章 夏至


②チェルノボーグについては、以下の資料に記載あり。

・『神話・伝承事典』バーバラ・ウォーカー/著 大修館書店 1988.7 
p135に14行ほど記述あり
“スラブ民族の「黒い神」である。「白い神」であるビエロボグと対極する神である”とある。

・『西洋神名事典』山北 篤/監修 新紀元社 1999.11 
p192 ベレボーグとチェルノボ―グ


・『「天使」と「悪魔」がよくわかる本』吉永 進一/監修 PHP研究所 2006.9
p303 チェルノボグ



・『ヨーロッパ異教史』プルーデンス・ジョーンズ/著 東京書籍 2005.8
p298 第十章 ロシアとバルカン諸国 「邪悪な黒の神チェルノボグ」について一行記載あり。


③聖ヨハネ祭(夏至祭/クパーラの祭り)・チェルノボーグの両方について記載がある資料は以下のとおり。

・『ロシアの神話』フェリックス・ギラン/編 青土社 1993.10 
p10~12 ≪ベロボーグ≫と≪チェルノボーグ≫
p65~74 歓喜の神々 クパーラの祭りについて記載あり。
p91~92 クパーラの祭りとキリスト教の関係について。

・『中世の祝祭』フィリップ・ヴァルテール/著 原書房 2007.4
p188 第7章 聖ヨハネ祭
p200~ 禿山の一夜 についての記事があり、「チェルノボーグ」についての文章あり。


●禿山の一夜については、上記『中世の祝祭』のほか、以下の資料に記載があった。
・『ロシア民俗夜話』栗原 成郎/著 丸善 1996.4 
p146~ 禿山の一夜について記載あり
p145にはゴーゴリの小説集『ディカーニカ近郷夜話』に収められている短編「イワン・クパーラの前夜」について言及あり。この短編にチェルノボグは登場せず。

・『ムソルグスキー 「展覧会の絵」の真実』一柳 富美子/[著] 東洋書店 2007.10
p23~ 禿げ山の一夜 チェルノボ―グが何者かは書かれていない。
回答プロセス
(Answering process)
●業務端末“聖ヨハネ祭”で検索してヒットした以下の資料を確認するが、戯曲等文学作品のため、聖ヨハネ祭についての説明などがあるかはよく分からず。
・『イプセン戯曲全集 1』イプセン/[著] 未来社 1989.6 「聖ヨハネ祭の夜」が収録されている。

・『パスキエ家の記録 4 聖ヨハネ祭の夜』 ジョルジュ・デュアメル/[著] みすず書房 1951 


●業務端末“夏至祭”で検索→
『白夜に谺する夏至祭の歓喜』武田 竜夫/著 中央公論社 1996.6→×
スウェーデンの夏至祭についての記述だった。

●『ゴーゴリ全集 1』ゴーゴリ/著 河出書房新社 1979→×
「イワン・クパーラの前夜」が収録されている。聖ヨハネ祭前夜の話だが、チェルノボーグは出てこない。


●以下の神話等に関する資料を確認するが記載なし。

『世界神話事典』大林 太良/編 角川書店 2005.3
『世界神話辞典』アーサー・コッテル/著 柏書房 1993.9
『神の文化史事典』松村 一男/編 白水社 2013.2
『世界神話大事典』イヴ・ボンヌフォワ/編 大修館書店 2001.3 
『北欧神話物語』K・クロスリイ‐ホランド/著 青土社 1991.9
『天空の世界神話』篠田 知和基/編 八坂書房 2009.9
『天と王とシャーマン』E・C・クラップ/著 三田出版会 1998.6
『世界神話伝説大系 32 ロシアの神話伝説』名著普及会 1980.9
事前調査事項
(Preliminary research)
ムソルグスキーの交響詩「禿山の一夜」の曲作りの上で聖ヨハネ祭やチェルノボーグをイメージしているらしい。
『ムソルグスキー交響詩禿山の一夜』ムソルグスキー/作曲 音楽之友社 1964.2
pⅡの解説中に「聖ヨハネ祭」「チェルノボーグ」という言葉は出てくるが、それが何かということは書かれていない。
NDC
年中行事.祭礼  (386)
神話.神話学  (164)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000151143解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!