このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2013-0076
事例作成日
(Creation date)
2013/08/31登録日時
(Registration date)
2014年02月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年02月20日 00時30分
質問
(Question)
中国の点心料理の一種の春巻が食べられるようになった時期を知りたい。また、最初から春巻という名前だったのだろうか。
回答
(Answer)
『世界たべもの起源事典』によりますと、「(前略)唐・宋の頃から、立春を迎える縁起のよい食べ物とされる。(中略)北宋の頃に、富貴の家の食卓を飾る風習ができる。探春繭(タンツォンジェン)→春繭(ツォンジェン)→春巻と転じて、春巻の呼称今日まで続く。(後略)」とあります。なお、同書では春巻の中国語読みを「チュンチュエン」としていますが、『中国食文化事典』では「チュンジュアン」と読みをつけています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 世界たべもの起源事典 岡田哲∥編 東京堂出版 2005年 R-3838-オ p.302

2 中国食文化事典 木村春子∥[ほか]編著 角川書店 1988年 R-3838-キ 索引p.15
キーワード
(Keywords)
中国料理
春巻き
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2110049-2601(野洲図書館提供)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149590解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!