このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-160086
事例作成日
(Creation date)
2014/10/19登録日時
(Registration date)
2017年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月30日 00時30分
質問
(Question)
「いずし」の作り方が載っている本はあるか。
回答
(Answer)
以下の資料に記載がありました。※【 】内は当館請求記号です。

資料1 林弘子『和・発酵食づくり』晶文社, 2009【588.51/096】
pp.100-103 「鮭のいずしづくり」の項
「鮭のいずしは、新鮮な生鮭や塩漬けの新巻鮭を使って作ります。ご飯に米麹を混ぜるのは発酵を促進させるため、酢を使うのは食中毒を防ぐためですが、麹や酢を使わずに、ご飯の自然な乳酸発酵だけで作る人もいます。大量に作る場合は、魚、ご飯、野菜、というように交互に層を積み重ねて仕込みますが、少量ならば、レシピのように漬け床を混ぜ込むほうが作りやすいです。(後略)」

資料2 農山漁村文化協会 編『聞き書ふるさとの家庭料理 1』農山漁村文化協会, 2002【596.21/02Z/1】
p.201 「飯ずし」の項
「(前略)米一升はふつうのごはんの固さに炊き、人肌に冷めたら一升のこうじを混ぜ、かめに入れる。いろりに火を焚くときはその周辺におき、ときどきかめを回し、夜はわらいずみ(わら飯詰)に入れて冷めないように気を配る。(後略)」

資料3 日比野光敏『すしの事典』東京堂出版, 2001【383.8/015/R】
p.65 「飯ずし」の項
「(前略)魚はあらかじめ塩漬けしておく。サケはもちろんニシン・ホッケなども切り身にするが、サンマやイカは内臓を取るだけで丸ごと漬けることがある。この魚と、飯・野菜を桶に層に重ね、重石をかける。約ひと月で食べられるようになる。(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
郷土料理
和食
寿司
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
社会人
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000213505解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!