このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
中央-2021-06
事例作成日
(Creation date)
20200523登録日時
(Registration date)
2021年08月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年08月29日 15時53分
質問
(Question)
室町~戦国時代頃に生け花として鑑賞されていた花について知りたい。
回答
(Answer)
生け花の歴史の中で、花の生け方についての書である「花伝書」に着目し、関連する資料を調査した。
資料1は都立多摩図書館所蔵資料、資料2、3は都立中央図書館所蔵資料である。

資料1
雑誌『麗沢大学紀要』13巻(1972年3月)
p.103-133「花道伝書『仙伝抄』における美学の探究 植物名を中心とした諸問題」(大塚真三)
室町時代の花伝書とされる『仙伝抄』についての論文である。『仙伝抄』で扱われる花材は78種ある(竹、から竹などを一種類として数えれば68種)とし、「『仙伝抄』にでてくる植物名一覧表」(p.106-108)を掲載している。
なお、この論文には続きがあるが、都立図書館では欠号のため所蔵していない。
雑誌『麗沢大学紀要』14巻(1972年12月)麗沢大学
p.87-117 「花道伝書「仙伝抄」における美学の問題 植物名を中心とした諸問題 2」

資料2
p.75-106「『仙伝抄』おぼえがき」
 「各月ごとの花について」(p.85-87)などに花の名前がある。
p.107-118「『山科家礼記』のいけばな」
 山科家の室町時代の記録文書である『山科家礼記』について記述がある。大沢久守が禁裏で立てた花や花材名の記述もある。
p.179-190「資料『仙伝抄』」
 『仙伝抄』を翻刻したものを収録。

資料3
40以上の花姿図がカラーで描かれている『花王以来の花伝書』や『仙伝抄』など多くの花伝書の図版を収録。巻末には図版解説(p.165-169)がある。
p.142-145に「仙伝抄」(岡田幸三)、p.156-162「シンポジウム 花王以来の花伝書」があり、資料について解説している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
花道[華道]  (793 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】雑誌:麗沢大学紀要 13巻 (1972年3月) / 麗沢大学
【資料2】日本いけばな文化史 1 いけばなの成立と発展 / 工藤昌伸著 / 同朋舎出版 / 1992.11 <D/7932/ 3004/1>
【資料3】いけばなの成立 (いけばな美術全集 第2) / 山根有三編 / 集英社 / 1982 <D/7930/86/2>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000303737解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!