このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189843
提供館
(Library)
静岡県立中央図書館 (2110034)管理番号
(Control number)
静岡郷土-16
事例作成日
(Creation date)
2015年12月07日登録日時
(Registration date)
2016年03月27日 13時48分更新日時
(Last update)
2016年03月31日 11時14分
質問
(Question)
江戸時代、安倍川餅の値段はいくらだったのか知りたい。
回答
(Answer)
資料によると、安倍川餅は一個五文という大変高価な餅であったようです。当時貴重品だった砂糖をつかった名物餅で、「五文取り」と称したことが『東海道中膝栗毛』『五十三次江戸土産』『東街便覧図略』等に書かれているとあります。
『東海道中膝栗毛』では、弥次さん喜多さんが安倍川に差し掛かると、茶屋女に「五文どりをあがりヤアし」と安倍川餅をすすめられています。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵の和菓子の本、また当館の蔵書検索システムで「安倍川餅」「安倍川もち」で検索しヒットした資料を確認したところ、次のような記述がありました。

・『和菓子の辞典』(奥山 益朗/編 東京堂出版 1983)
 「安倍川餅」p.11があり、『東海道中膝栗毛』の茶屋女が「五文どりをあがりヤア」と客引きする場面を引用している。

・『東海道名物膝栗毛』(八木 洋行/著 静岡新聞社 2009)
 「14 安倍川餅」p.128-134に、「安倍川餅の呼び名を、別に「五文どりの名物の餅」で通ったのには、五文が他より安かったのではなく、反対に一個五文とする高価な餅だったからで、その自信は、当時まだ珍しい砂糖をまぶして売ったからであろう。」p.130とある。

・『可美古随筆安倍川餅』(法月 俊郎/著 麗沢叢書刊行会 1933)
 「安倍川餅」p.1-8には「五個五文の五文採餅であったのを後に一個五文に売ったもので」p.5とある。また『東海道中膝栗毛』や『役者見立東海道五十三次』などにも五文取り餅として記載があることが紹介されている。

・『ふるさと百話 第11巻』(静岡新聞社 1974)
 「名物もち往来」p.233-237には安倍川餅についても記述があり、伊勢参りの男が一盆五文のつもりで食べたところ、一個五文と聞いてびっくりしたという『五十三次江戸土産』の話が載っている。

・『静岡県謎解き散歩』(小和田 哲男/編著 新人物往来社 2011)
 「安倍川餅命名の由来は」p.277-279で、伊勢参りの男が一個五文の高値に驚いた話を紹介しており、それで「安倍川五文取」とも呼ばれていたという話が『五十三次江戸土産』『東海道中膝栗毛』や『東街便覧図略』等に載っていると書いています。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 8版)
中部地方  (215 8版)
参考資料
(Reference materials)
『和菓子の辞典』(奥山 益朗/編 東京堂出版 1983)
『東海道名物膝栗毛』(八木 洋行/著 静岡新聞社 2009)
『可美古随筆安倍川餅』(法月 俊郎/著 麗沢叢書刊行会 1933)
『ふるさと百話 第11巻』(静岡新聞社 1974)
『静岡県謎解き散歩』(小和田 哲男/編著 新人物往来社 2011)
キーワード
(Keywords)
安倍川もち
銘菓
東海道
土産物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000189843解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!