このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000019372
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-1998-045
事例作成日
(Creation date)
1998/08/13登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時55分更新日時
(Last update)
2008年03月07日 11時43分
質問
(Question)
仏菓子「ドラジェ」(アーモンドを砂糖衣でくるんだ菓子で結婚式などで花嫁が来客に配ったりする)のいわれは何か。
回答
(Answer)
『洋菓子の世界史』〈ドラジェの先祖〉の項に「紀元前177年ローマの貴族ファビウス家では、自分の家に子供が生まれたときや家族が結婚した時に、喜びの印として市民にドラジェを配った。今日でもこの菓子はヨーロッパで、誕生日や結婚式等おめでた事や、その他一般の贈り物として欠かすことができないものである」等の記述あり。『洋菓子用語事典』『ラルース料理百科事典』にも上記と同様の記述あり。これを回答する。
回答プロセス
(Answering process)
『ブリタニカ国際大百科事典』『平凡社大百科事典』『中世の食卓から』『中世の食生活』『フランス料理の歴史』『フランス菓子百科 1~3』には記述なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
〈参考〉「お菓子もの知りノート」ポプラ社(児童書)に簡単な記述あり。
NDC
食品.料理  (596 9版)
古代ローマ  (232 9版)
通過儀礼.冠婚葬祭  (385 9版)
参考資料
(Reference materials)
『洋菓子の世界史』(吉田菊次郎 製菓実験社 1986)
キーワード
(Keywords)
菓子-フランス
ドラジェ
古代ローマ
ヨーロッパ-歴史
婚姻習俗 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000019372解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!