このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-1715
事例作成日
(Creation date)
2014年08月29日登録日時
(Registration date)
2014年08月29日 16時52分更新日時
(Last update)
2014年11月27日 15時38分
質問
(Question)
明治10~20年代、当時の大工町に、秋田市で初めてできた写真館だとされる「一眼堂」について詳しい記述が載っている資料はあるか。また、一眼堂を開いたとされる工藤助吉の略歴や、助吉の撮った写真が掲載されている本などがあるか。
回答
(Answer)
下記資料に掲載を確認。

①『秋田写真物語:草創期の軌跡』(渡部誠一郎/著・発行、1996)
 p.39~40 一世を風靡した一眼堂
 p.114~115 県都の旭川にボート ・・・ このページに一眼堂撮影の写真の掲載有。

②『秋田人名大事典 第2版』(秋田魁新報社、2000)
 p.202 「工藤助吉」の項有り

③『秋田県人物人材情報リスト 2013』(日外アソシエーツ、2012)
 p.381 「工藤助吉」の項有り ふりがな「くどうすけきち」とあり。

④秋田魁新報 昭和42年8月26日 夕刊4面
 「一眼堂物語り 明治時代の写真館」 工藤清/執筆
 ・・・工藤清は、工藤助吉の孫にあたる人物。上記②の資料の参考文献に挙げられている。

⑤上記①の資料は、下記新聞連載を再編・補加筆したもの。
 秋田魁新報 連載記事「秋田の写真始め」平成5年1月4日~27日 16回連載
 同         「続秋田の写真始め」平成5年4月12日~5月15日 26回連載

 ①の該当ページは、それぞれ、次の記事が元記事。記述内容に一部違い有り。
 p.39~40 ・・・ 1月6日 早い普及度  (秋田の写真始め 3)
 p.114~115 ・・・ 5月1日 明治末に写真館林立 (続秋田の写真始め 17)


そのほか、次の資料には関連記述なし。

⑥『写真師 玉井大麟翁の生涯 :秋田県営業写真家協会創立38周年』(越後昌二/著、1989)
⑦『秋田市史』1~17巻(1998~2003年) 索引には「工藤助吉」「一眼堂」なし
⑧『秋田市大事典』(国書刊行会, 1986)


なお、一眼堂が秋田市に初めてできた写真館である、ということについては、
①のp.22~26 秋田町に写真師続々と に異説が記述されている。
回答プロセス
(Answering process)
1 当館OPAC、デジタルアーカイブ
  「工藤 助吉」 「一眼堂」 ではヒットなし。
  「秋田△写真」で、①と⑤ヒット。
  「写真師」

2 『秋田人名大事典 第2版』に掲載あり 参考文献で④の新聞記事発見
   一眼堂の写真掲載有。

3 ①のp.22に大正5年3月27日から5回連載された「当地昔の写真物語」の紹介あり。
  秋田市内の営業写真館主たちが一堂に会して往時を回顧したもの。
  一眼堂の名前は上がっているが、詳しく紹介しているものではない。
   (掲載日:3/27・3/28・3/31・4/1・4/2)
事前調査事項
(Preliminary research)
あきた(通巻84号) 1969年(昭和44年) 5月1日発行 秋田の歩んだ明治百年(14) 写真館の誕生

http://common3.pref.akita.lg.jp/koholib/search/html/084/084_054.html
NDC
写真  (740 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000159135解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!