このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2014-051
事例作成日
(Creation date)
2013年05月06日登録日時
(Registration date)
2014年06月11日 11時38分更新日時
(Last update)
2014年09月28日 14時45分
質問
(Question)
1839年、フランスのダゲールとニエプスによって銀板写真術が発明されたことにより、画家の失業者が多くなったと言われている。そのことについて書かれている本を紹介してほしい。
回答
(Answer)
下記資料を紹介した。
『写真と絵画』(朝日新聞社 1996)
 p76 「写真発明の発表に際して「写真は画家を脅かすものであり即刻廃止せよ」という抗議デモの先頭に立ったといわれるドミニク・アングルは(以下略)」という記述あり。
『絵画の二十世紀』(前田秀樹著 日本放送出版協会 2004)
 p12 「十九世紀の中頃に、ヨーロッパに写真が登場すると、画家たちは、物を見た目そっくりに描くという仕事から、だんだん追放されていく。」という記述あり。
『モネからセザンヌへ 印象派とその時代』(高階秀爾総合監修 読売新聞東京本社 2002)
p81 「新古典主義の画家ポール・ドラローシュが初めて写真に接したときその正確さに驚嘆し「今日を限りに絵画は死んだ」と呟いた」という記述あり。
「印象派で「近代」を読む 光のモネから、ゴッホの闇へ」(中野京子著 NHK出版 2011)(県内公共図蔵)
 カメラの開発と絵画の関係についての記述あり。

また、参考までに、絵画と写真について記述のあった資料もあわせて紹介した。
『印象派はこうして生まれた』(東武美術館企画・編集 東武美術館 1996)
『印象派』(ジェームズ・H・ルービン著 岩波書店 2002)
Aaron Scharf「印象派絵画と写真」(『ユリイカ 16(4)』p157-171 青土社 1984)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈絵画 & 写真〉〈ニエプス〉NDC分類〈740.2〉で検索し、回答で紹介した文献を確認した。

《Google》を〈肖像画家失業 & 写真〉で検索する。( https://www.google.co.jp/  Google 2013/05/06最終確認)
個人ウェブサイト内の書評ページより、「印象派で「近代」を読む 光のモネから、ゴッホの闇へ」(中野京子著 NHK出版 2011)(県内公共図蔵)に関連記述があると思われる。

自館目録を〈印象派〉で検索し、資料にあたる。
『印象派はこうして生まれた』(東武美術館企画・編集 東武美術館 1996)
 p81-83 カトリーヌ・マトン「嫉妬深い下僕」
 「画家や芸術家たちがダゲレオタイプ(銀板写真)や写真を借用・収集した。しかし、多くの1859年の美術サロンで絵画、エッチングやリトグラフの「すぐとなり」の部屋に写真の作品を展示したことで論争がはじまり、猛烈な反応が起こった。なかでももっとも名高いのは、ボードレールが写真に対して「ごくごく控えめな下僕」に満足するよう要求した」との記述あり。

《Wikipedia》「印象派」のページの関連文献、概説掲載の資料を調べる。( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B0%E8%B1%A1%E6%B4%BE  Wikipedia財団 2014/09/28最終確認)
『印象派』(ジェームズ・H・ルービン著 岩波書店 2002)
 p32-34、188、415-417に1839年にフランスで発明された写真は、画家によって利用された、印象主義は、初期の写真の発達と並行して展開していきた、写真は、機械的な芸術とみなされていた等の記述あり。

《CiNii Articles》を〈印象派 & 写真〉で検索する。( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所 2014/09/28最終確認)
若林直樹著「絵画と写真の葛藤が個性百花繚乱の印象派を生み出した」(「日経アート 111号」p10-16 日経BP社 1998)(国会図蔵)
西沢栄美子著「印象派と写真-クールベ、マネ、モネ」(「映像学 53号」p54-67 日本映像学会 1994)(国会図蔵)
Aaron Scharf著「印象派絵画と写真」(『ユリイカ 16(4)』p157-171 青土社 1984)
 印象派による写真の利用等の記述あり。

《国会図サーチ》を〈印象派 & 写真〉で検索する。( http://iss.ndl.go.jp/  国会図 2014/09/28最終確認)
米村典子著「印象派論考-ドガからのアプローチ」(『美学 46(2)』p22-32 美学会 1995)
 p26にドガが写真を使用したとの記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
洋画  (723 9版)
写真  (740 9版)
参考資料
(Reference materials)
『写真と絵画』(朝日新聞社 1996), ISBN 4-02-270602-3
『絵画の二十世紀』(前田秀樹著 日本放送出版協会 2004), ISBN 4-14-001996-4
『モネからセザンヌへ 印象派とその時代』(高階秀爾総合監修 読売新聞東京本社 2002)
キーワード
(Keywords)
絵画(西洋)
写真-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000154166解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!