このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235001
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2018-11
事例作成日
(Creation date)
2018年4月4日登録日時
(Registration date)
2018年04月26日 10時11分更新日時
(Last update)
2019年01月22日 15時20分
質問
(Question)
「三宝海運」と「九四フェリー」の歴史について、『今治市史』や『八幡浜市史』以外で記述された資料があるか
回答
(Answer)
【資料1】
p577
三宝海運(さんぽうかいうん)

 内航海運業。陸運、観光、給油所も営む。明治四五年(一九一二)越智郡伯方町で海運業を個人創業。昭和三四年(一九五九)二月、株式会社に組織変更して、内航貨物、近海貨物の輸送を行う。同四一年に今治に移転、四七年八月、今治―神戸に旅客フェリーを就航さ せ、併せて陸運および国内旅行業も開始。五六年四月、越智郡玉川町に給油所を開店、同年六月、今治―神戸のフェリー航路に豪華船「ほわいとさんぽう2」(二万〇一八二トン)を投入、五九年一月には航路を松山港まで延長した。県内六ヶ所と県外一カ所に営業拠点を持つ。

p103
国道九四フェリー(こくどうきゅうしふぇりー)

 日本道路公団から委託を受けて三崎(西宇和郡)―佐賀関(大分県)間の一般旅客定期航路船舶の運航業務を行っている法人。昭和四二年(一九六七)一一月の航路免許(事業開始同四四年四月)当時、六社の民間会社の共同出資で設立された。航路は、四国側国道197号と九州側国道217号を結ぶ四国―九州連絡道路の197号の海上部分に当たるもので、航路距離31キロ。フェリーボート一隻で一日三往復。所要時間一時間一〇分。旅客定員二四四人、トラック(八トン車換算)一九台の輸送力をもつ。

【資料2】p103第二章 第三節「海上輸送」の「四 その他の主要企業」のp661に戦後の主要企業として、三宝海運と九四フェリーの名前があるが、詳しい説明はない。

同上資料の第三章 第四節「南予地域」の「七 八幡浜港と宇和島港」のp803に、「フェリー化と両港」として九四フェリーのフェリーボート「しこく」のことが書かれている。

【資料3】 第3章 第2節 2の(2)に「九四フェリーとメロディーライン」、p103に九四フェリー運行開始のことが簡単に書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海運  (683)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『愛媛県百科大事典 上』(愛媛新聞社/編集・発行 昭和60年)<当館請求記号:RK290-63-1>
【資料2】『愛媛県史 社会経済3 商工』(愛媛県編さん委員会/編 愛媛県 昭和61年)<当館請求記号:K200-31>
【資料3】『えひめ、人とモノの流れ』(愛媛県生涯学習センター 平成20年)<当館請求記号:K682-エヒ-2008>
キーワード
(Keywords)
三宝海運
九四フェリー
旅客船
海運業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000235001解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!