このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254553
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-1116
事例作成日
(Creation date)
20181116登録日時
(Registration date)
2019年04月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年04月04日 00時30分
質問
(Question)
日本で初めて、新聞にチョコレートの広告(米津風月堂「貯古齢糖」)が掲載されたのは、明治11年らしいが、資料によって日付が異なる。
実際には何日に掲載されたのか?
回答
(Answer)
諸説あり。

【明治10年11月1日】

◆参考資料1 『チョコレートの文化誌』p.201-202に以下の広告図・記述あり。 
「我が国で最初にチョコレートを商品として加工し販売したのは、一八七七年、東京両国の米津風月堂である。同じ年の明治十〇年一一月一日の東京報知新聞には「新製猪口令糖」としてチョコレートの広告が載せられた。」
「米津風月堂の新聞広告「新製猪口令糖」と書いてある」 (広告 図11-10の説明文)

◇参考URL1 「学研キッズネット」に以下の記述あり。
https://kids.gakken.co.jp/rekishi/first/vol010/03.html  最終確認2019.3.23)
「明治10年(1877)11月1日の東京報知新聞に「新製猪口齢糖」の広告がのっている。」

【明治11年12月11日】

◆参考資料2 『新聞集成明治編年史』第3巻p482に以下の記載あり。
「明治十一年十二月〔一二・一一、郵便報知〕 風月堂新製のシヨコラート」

【明治11年12月24日】

◆参考資料3 『日本チョコレート工業史』p.7に以下の記述あり。
「明治11年12月24日の〔かな読〕同店の広告には、(中略)貯古齡糖、(中略)の項目を掲げている。」

◆参考資料4 『チョコレートの本』p.99に以下の記述あり。
「すでに明治十一年十二月二十四日の『かな読み新聞』には、“貯古齢糖”という?月堂の広告がみられる。」

◇参考URL1 「学研キッズネット」に以下の広告図・記述あり。
https://kids.gakken.co.jp/rekishi/first/vol010/03.html  最終確認2019.3.23)
明治11年12月24日付「かなよみ新聞」にのった、米津松造(よねづまつぞう)が作った「貯古齡糖(ちょこれいとう)」の広告」(広告図の説明文)

◇参考URL2「一般社団法人 日本洋菓子協会連合会」に以下の広告図・記述あり。
http://www.gateaux.or.jp/g/dictionary/vari-chocolate03.html  最終確認2019.3.23)
「1878(明治11)年12月24日の「かなよみ新聞」にチョコレートの広告を出しました。」
「東京日本橋區若松町 両國風月堂 米津松造の出した初期の広告。(中略)「新製猪口令糖」の文字が見える。」(広告図の説明文)

◇参考URL3「東京風月堂」のホームページ
http://www.tokyo-fugetsudo.co.jp/history.html  最終確認2019.3.23)
ホーム>東京風月堂の歴史 に以下の記述あり。
「1878年 明治11年 かなよみ新聞に米津?月堂“貯古齢糖・洋酒入ボンボン”の広告掲載」
→「かなよみ新聞」明治11年12月24日 廣告図が閲覧できる。

【明治11年12月25日】

◆参考資料2 『新聞集成明治編年史』第3巻p.487に以下の広告図・記述あり。
明治十一年十二月〔一二・二五、郵便報知〕 西洋菓子賣出しの風月堂廣告 廣告に「新製猪口令糖」

◇参考URL4 「日本チョコレート・ココア協会」に以下の記述あり。
http://www.chocolate-cocoa.com/dictionary/history/japan/j01_c.html  最終確認2019.3.23)
「明治11(1878)年 『郵便報知新聞』に、チョコレート新製の記事や広告
同紙は、両国若松町(現東京都中央区東日本橋)菓子舗風月堂米津松造の名前にて、12月25日に“新製猪口令糖”の絵入り広告、6月28日、7月5日、同16日には“氷菓子アイスクリーム チョコラ入”の広告も出しています。
明治11(1878)年6月20日付『かなよみ』(『假名読新聞』が改題)に両国若松町 風月堂の広告に“氷菓子アイスキリン 金五十銭より調製仕候 ○ミルク入り○チョコラ入り○カーヒイ入り”が掲載されています。同じ広告は、6月26、29日紙面にも出ています。

【明治11年12月26日】

◆参考資料5 『ゾクゾク「モノ」の歴史事典 3 たべるの巻』 p.28-29に以下の広告図・記述あり。
「明治11年(1878) この年の「かなよみ新聞」に米津?月堂(よねづふうげつどう)は貯古齢糖(チョコレート)の広告を打っている。」
「?月堂の「貯古齢糖」の広告(明治11年12月26日)」(広告図の説明文)
回答プロセス
(Answering process)
① 事典類で調べる

◆参考資料6 『百菓辞典』p.160に以下の記述あり。広告についての記述なし。
「日本では、明治初年、風月堂が製造を始め、(中略)当時は貯古齢糖、千代古齢糖、猪口令糖などと漢字で書かれた。」 

◆参考資料7 『たべもの起源事典』p.293に以下の記述あり。広告図なし。
「1878年(明治11)に、米津?月堂の米津松造は、チョコレートの製造を始める。(中略)『郵便報知』12月25日に、「菓子舗若松町の?月堂にては、曽て西洋菓子を製出し、(中略)ショコラートを新製せるが一種の雅味ありと、これも大評判」とある。」

② 資料で調べる
「チョコレート 文化 歴史  工業史」等をキーワードに自館所蔵。書架をブラウジング。

◆参考資料1・3-4が見つかる。 

③ インターネットで調べる
キーワード「チョコレート」「広告」で検索。

◇参考URL1~4が見つかる。

④ 新聞記事を調べる
『新聞集成明治編年史』の内容を確認

◆参考資料2 を見つける。

明治10年以前の広告はヨミダス、聞蔵Ⅱ、国立国会デジタルコレクションでも見つけられなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 チョコレートの文化誌 八杉 佳穂/著 世界思想社 2004.2 617/3/2 p201-202
2 新聞集成明治編年史 第3巻 中山 泰昌/編著 財政経済学会 1958 071//12-3 p482・487
3 日本チョコレ-ト工業史 日本チョコレ-ト・ココア協会 1958 588/34/S2 p.7
4 チョコレートの本 ティータイム・ブックス編集部/編 晶文社 1998.2 383/8/262 p99
5 ゾクゾク「モノ」の歴史事典 3 ゆまに書房 2000.4 031/ソ/S3 p28-29
6 百菓辞典 山本 候充/編 東京堂出版 1997.8 588/3R/32 p160
7 たべもの起源事典 岡田 哲/編 東京堂出版 2004.3 383/8R/534 p293
1 学研キッズネット https://kids.gakken.co.jp/rekishi/first/vol010/03.html 最終確認2019.3.23
2 一般社団法人 日本洋菓子協会連合会 http://www.gateaux.or.jp/g/dictionary/vari-chocolate03.html 最終確認2019.3.23
3 東京風月堂 http://www.tokyo-fugetsudo.co.jp/history.html 最終確認2019.2.23
4 日本チョコレート・ココア協会 http://www.chocolate-cocoa.com/dictionary/history/japan/j01_c.html 最終確認2019.3.23
キーワード
(Keywords)
チョコレート 貯古齡糖 広告 菓子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000254553解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!