このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2011-017
事例作成日
(Creation date)
2011/02/08登録日時
(Registration date)
2011年07月12日 02時01分更新日時
(Last update)
2011年07月26日 13時56分
質問
(Question)
樹木の陰陽について知りたい。
陰の木はイチジク、陽の木はマツと聞いたことがある。それぞれ他にどのようなものがあるか。
回答
(Answer)
陰陽学関係の著作にはほとんど記述が見当たらず、主に(日本における)家相関係の資料に記述が見えた。
また、植物学的には陰樹は日陰でも育つ樹木、陽樹は日光が当たらないと育たない樹木のことのようで、個々の植物が日当たりを好むかどうかは園芸図鑑等(例:『すべての園芸家のための花と植物百科』)で確認できる。

『地相・家相大鑑』(中村茂樹著 国書刊行会 1979)
p153 地相・家相における樹木の吉凶について、陽木を植えるのは吉、陰木を植えるのは凶として樹木の例をあげて説明(陽木:松・柏・桜・梅など34種類、陰木:芭蕉・棕櫚・楠樟類など11種類)。言い伝え、語呂合わせ、迷信に近いものもあるが、科学的根拠のあるものもある。

『風水と家相の歴史』(宮内貴久著 吉川弘文館 2009)
p201-202「家相書における樹木の吉凶」の項あり。陽木28種、陰木12種の名が挙げられている。出典は「家相-現代の家相とその考え方-」(山片三郎著 所蔵なし)。
また、この他にも方位によって陰木になるもの(梅・桃・桜・杏・柳など)があることが暦本ではあげられている、としている。

『新しい家相術』(鹿島秀峰著 神宮館 1979)
p283-284「陽木・陰木」の項あり。「陽木は基本的に屋敷内に植えてよろしいもの、陰木はよろしくないものとします。」陽木28種、陰木11種の名前あり。古書よりその他の樹木10種の吉凶も挙げられている。

『家相・地相・方位』(高島光順著 集文館 1962)
p191-194 植えて吉とされているものを陽木、凶とされる植物を陰木としている。
(一般に)吉とされているもの:28種
      凶とされているもの:12種 の名前あり。
植える場所などによりかわる種の名と吉凶の説明もあり。

『吉相の家づくり秘訣集』(小林盛太著 講談社 1995)
p198-199 家相のQ&A の項に樹木の吉凶・陰陽の区別といわれに対する回答あり。
「昔から陽木とされているものには、マツ・タケ・ウメ・ヒノキ・・・」と29種の名前が挙げられている。陰木については「バショウ・シュロ・ソテツのような、寺院に庭によくある陰木は、一般の家では凶とされています。」とあり。

『わかりやすい家相の話』(神宮館編集部著 神宮館 1980)
p160-166 「樹木と家相の法則」の項あり。多くの吉凶の例あり。陽木と陰の区別については(p163)「昔から陽木とされているものには、松、柏、桜、梅、・・・」と27種あげられている。一般的な陰木の名称はなし。

『家相学の知識』(平木場泰義著 神宮館 1987)
p158 庭と樹木 の項で、「家相の古書には、庭の周囲に植える樹木は、すべて陽木をもって吉とし、陰木を植えるのを凶としています。陰木とは、樫・棕櫚・芭蕉・蘇鉄の類をいうらしい」とあり。
陽木・陰木の名称はないが、「庭に植える樹木での「吉木」となるものに「松・柏・柿・栗・銀杏・金柑・瓢・室・楡」などがあげられ」との記述あり。

『家相 幸運をつかむ究極の法則』(泰山学士著 山海堂 1995)
p66陰木と陽木についての記述あり。各6種類の名あり。
陰木は人の気を取ってしまう。個人の家庭には植えない方が無難なもの。陽木でも大木になるものは初めから植えない。

(日当たりを好む木:陽樹、 日陰に強い木:陰樹 とする記述のあった資料等)
『日本国語大辞典』(日本大辞典刊行会編集 小学館 1981~)
第2巻p462〈いんじゅ【陰樹】〉の項あり。 p480〈いんぼく【陰木】〉の項あり。
第20巻 p80〈ようじゅ【陽樹】〉の項あり。 p100〈ようぼく【陽木】〉の項あり。
※いずれも陰陽二元の説明・個別名称はなし。

『世界大百科事典』(平凡社 2007)
第3巻p29〈【陰樹】〉の項あり。

『現代の家相』(清家清著 新潮社 1989) 
p107 日当たりを好む木(陽樹)日陰に強い木(陰樹)とあり。

(植物・園芸図鑑)
『すべての園芸家のための花と植物百科』(クリストファー・ブリッケル責任編集 塚本洋太郎監訳 同朋舎出版 1992)
各植物ごとに日当たりを好むかどうか(水・耐寒性も)マークで記述されている。
回答プロセス
(Answering process)
陰陽学の資料や家相に関する資料、植物・園芸に関する資料を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
相法.易占  (148 9版)
参考資料
(Reference materials)
『地相・家相大鑑』(中村茂樹著 国書刊行会 1979)
『風水と家相の歴史』(宮内貴久著 吉川弘文館 2009)
『新しい家相術』(鹿島秀峰著 神宮館 1979)
『家相・地相・方位』(高島光順著 集文館 1962)
『吉相の家づくり秘訣集』(小林盛太著 講談社 1995)
『わかりやすい家相の話』(神宮館編集部著 神宮館 1980)
『家相学の知識』(平木場泰義著 神宮館 1987)
『家相 幸運をつかむ究極の法則』(泰山学士著 山海堂 1995)
『日本国語大辞典』(日本大辞典刊行会編集 小学館 1981)
『世界大百科事典』(平凡社 2007)
『現代の家相』(清家清著 新潮社 1989)
キーワード
(Keywords)
家相
樹木
653
470
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000088350解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!