このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-1781
事例作成日
(Creation date)
2012年12月13日登録日時
(Registration date)
2012年07月03日 19時26分更新日時
(Last update)
2015年04月01日 17時20分
質問
(Question)
「濃州岩村住人藤原兼光」の槍について詳しく知りたい。
回答
(Answer)
当館で所蔵している刀剣関係の資料で調査しましたが、以下の資料に兼光に関する若干の記載があったほかは見つけられませんでした。
 
『美濃刀大鑑』(得能一男 1975年発行)(G756.6ミ)
 ・「岩村鍛冶」についてp184-186に記述があります。
 ・兼房、信昌、兼光、兼次の4人の作品が紹介されています。
 ・兼光については槍の写真があり、写真のキャプションに「濃州岩村住藤原兼光作之、元治元申子年二月日」とあります。
 ・説明文として、
「濃州岩村住と切る元治の兼光を経眼しているが、銹身のために地刃不明で詳細は明らかでない。関鍛冶の系統であろうとおもわれる。」とあります。

『刀工大鑑』(得能一男 光芸出版 2004年)(756.6ト)
  p134に、「兼光(かねみつ) 元治-美濃 「濃州岩村住藤原兼光作之」関系岩村鍛冶」との紹介と写真があります。

 このほか、約50点余りの刀剣関係資料を調査しましたが、残念ながら岩村の兼光、兼光の槍に関する記述は、見つけられませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000108117解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!