このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1377
事例作成日
(Creation date)
2012/09/29登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時01分更新日時
(Last update)
2013年02月27日 00時30分
質問
(Question)
西明寺鍍金(ときん)孔雀文説相筥(せつそうばこ)の概要を知りたい。
回答
(Answer)
西明寺は甲良町池寺にあります。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「長方形の木製箱で、外側に薄い金銅板をはりあわせ、さらに腰に細長い金銅板の回り縁をつけて、身と台とに分けている。身は四隅と中の束に唐花透しの金物を打ち、束と束とのあいだには、打ち出した1対の金剛鳳凰を長側面に3組、短側面に2組ずつ向い合わせに配している。台の部分には、格狭間(ごうはざま)を鳳凰文の下に透し彫りでほどこして、金銅覆輪をかける。内面は錦や綾の裂(きれ)、または和紙をはってあったと思われるが、いまは何も残存していない。説相箱は居箱(すえばこ)・接僧箱ともいい、また香箱・香炉箱ともよばれるものも居箱と同義のものとしてもちいることがある。居箱は法会のとき、左脇机、香炉箱は右脇机におくことを法とし、居箱に表伝・次第を、香炉箱には如意・柄香炉・名香などをおさめた。県指定文化財。(稲田和彦)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.313
キーワード
(Keywords)
西明寺
滋賀県指定文化財
経箱
工芸品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102614解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!