このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20101013
事例作成日
(Creation date)
2010年10月13日登録日時
(Registration date)
2010年11月03日 15時48分更新日時
(Last update)
2010年11月11日 13時40分
質問
(Question)
「越前国住下坂 裏名 元和三年八月○日」という銘の刀を所持している。下坂のルーツと、現在のどこにあたるのかを知りたい。また、刀鍛治の「あおいやすつぐ」についても知りたい。
回答
(Answer)
下坂は地名ではなく、葵紋の使用を許された刀鍛治、下坂康継のこと。
『康継大鑑』に詳しい。
回答プロセス
(Answering process)
1.福井県関係調査相談データベース http://refsv.library.pref.fukui.jp/fukuilib/Menu.asp で検索
 → 下坂康継がヒット。関連の資料を確認。
   『福井県大百科事典』(福井新聞社 1991)p420に下坂康継は生年不詳~元和7(1621)年とあり、質問の年代と合致。また、下坂康継は近江国坂田郡下坂村(現長浜市)に生まれたとあり、p114「越前若狭の金工」の項に、福居に近江から「下坂」と称する刀工集団が移ったとあるので、下坂は地名ではない。
  『風の俤』(足立尚計/著 2001 能登印刷出版部)p82に葵紋の使用を許されたとあるので、お尋ねの「あおいやすつぐ」とは下坂康継のことだと推測できる。
 下坂康継について詳しいのは『康継大鑑』
2.『角川日本地名大辞典 18福井県』(角川書店 1989)、『日本歴史地名大系 第18巻 福井県の地名』(平凡社 1981)を確認するが、「下坂」という地名はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756 8版)
参考資料
(Reference materials)
『康継大鑑』 佐藤貫一/著 1960 日本美術刀剣保存協会 (当館請求記号:H756/S2/1 資料コード:1040299966)
キーワード
(Keywords)
下坂康継
刀剣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000073135解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!