このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図2019121
事例作成日
(Creation date)
2019年04月18日登録日時
(Registration date)
2019年04月24日 16時48分更新日時
(Last update)
2019年12月25日 13時39分
質問
(Question)
松浦静山が寛政十一年(一七九九)八月、日光の東照宮参拝の時に持参した刀について知りたい。
回答
(Answer)
 このことについては,次の資料に関連記述がありました。
 【 】内は当館請求記号

 1『日本刀大百科事典 4』福永酔剣/著,雄山閣出版,1993【R756.6/93フ/4】
   p.7 灯台切り
    「松浦静山が寛政十一年(一七九九)八月、日光の東照宮参拝のとき、小はこれ、大は備後三原正近の作だった654。」

 「654」は,参考文献の番号です。該当の参考文献は,次のとおりです。
 2『日本刀大百科事典 5』福永酔剣/著,雄山閣出版,1993【R756.6/93フ/5】
   p.375-398 参考文献
    p.379「654 甲子夜話 松浦静山 幕末」

 当館で所蔵する『甲子夜話』に,関連の記述がありました。
 3『甲子夜話 [正]5』松浦静山/[著],中村幸彦,中野三敏/校訂,平凡社,1978【914.5/Ma89a/5】
   p.291-316 甲子夜話七十八『日光道之記』
    p.305「(略)腰刀は燈台切といへる、法印公より相伝せし、正則がうちたるに金にて三星の紋おきたる三所物に、白䱜に黒き柄糸かけ朱漆の鞘にをさむ。刀縧は啄木をつけたり。打刀は三原の正近が鍛たる二尺余なるが反たるを、鞘は同く朱にぬり、太刀作に金具して茶褐糸もて柄まき、刀縧には同色の腕貫の紐をつく。これは法印公の帯たまひし御太刀を摸て造たるなり。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756 9版)
参考資料
(Reference materials)
福永 酔剣/著 , 福永‖酔剣. 日本刀大百科事典 4. 雄山閣出版, 1993.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000226229-00
福永 酔剣/著 , 福永‖酔剣. 日本刀大百科事典 5. 雄山閣出版, 1993.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000226230-00
松浦 静山/[著] , 中村 幸彦/校訂 , 中野 三敏/校訂 , 松浦‖静山 , 中村‖幸彦 , 中野‖三敏. 甲子夜話 [正]5. 平凡社, 1978. (東洋文庫 ; 338)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000097971-00 , ISBN 4582803385
キーワード
(Keywords)
松浦静山
東照宮
灯台切
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000255320解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!