このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1697
事例作成日
(Creation date)
2012/04/11登録日時
(Registration date)
2012年06月15日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年12月19日 17時17分
質問
(Question)
正休寺梵鐘の概要を知りたい。
回答
(Answer)
正休寺は大津市桐生一丁目にあります。『大津の文化財』によりますと、概要は「正休寺鐘楼(しゅろう)に釣られている梵鐘で、鐘身は笠形を含めて四段の鋳繰り法とし、竜頭(りゅうず)は別鋳して鋳付いでいる。竜頭は通常の双竜式で、鐘身も袈裟襷文(けさだすきもん)をほどこした端正な姿をしている。乳(ち)は一区に四段五列に配し、二個の撞座(つきざ)は竜頭と平行する位置にあり、撞座の意匠は八葉蓮華文をかたどる。池(いけ)の間(ま)の四方に陽刻された銘文から、延徳三年(一四九一)小倉掃部と佐伯道有が北野宮寺に奉献したもので、国久と輩下の左衛門の手によって鋳造されたことが知られる。また、追刻から明治二年(一八六九)正休寺の所蔵となったことがわかる。」とあります。また同資料によりますと、総高143.8cm。大津市指定文化財(昭和54年3月1日指定)です。カラー写真あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 大津の文化財 大津市教育委員会∥編集 大津市教育委員会 1998年 SB-7011- 98 p.282
キーワード
(Keywords)
正休寺
大津市指定文化財
梵鐘
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000107148解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!