このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1616
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時03分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
地主(じしゅ)神社金銅八角形釣燈籠の概要を知りたい。
回答
(Answer)
地主神社は大津市葛川坊村町にあります。『大津の文化財』によりますと、概要は「釣燈籠は、燈籠の登頂に釣鐶をつけ、社寺の軒先に釣り下げるようにしたもの。この燈籠は八角形の釣燈籠としては大形で、元は全面に鍍金(ときん)をほどこしていたが、今はそのあとをとどめるにすぎない。反りの深い八弁花形の笠に、猪目と蓮弁の透かしで煙出しを作り、火袋(ひぶくろ)の上の欄間(らんま)に唐草文、下の腰板には雲文と宝珠文(ほうじゅもん)を飾った格狭間(こうざま)を入れる。底裏に、「葛川明王院御膳灯呂」「大永六年(一五二六)九月日 作者安治」の陰刻銘があり、制作年と制作者がわかる。」とあります。また同資料によりますと、総高51.5cm。滋賀県指定文化財(昭和45年8月9日指定)です。カラー写真あり
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 大津の文化財 大津市教育委員会∥編集 大津市教育委員会 1998年 SB-7011- 98 p.261
キーワード
(Keywords)
地主神社
滋賀県指定文化財
工芸品
息障明王院
明王院
葛川明王院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102839解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!