このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根県2020-050
事例作成日
(Creation date)
2020年07月16日登録日時
(Registration date)
2020年11月18日 15時19分更新日時
(Last update)
2021年05月20日 18時49分
質問
(Question)
島根県には「飯石郡」という郡名があるが、この漢字の由来が知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料を紹介し回答とした。

資料1: p.88「飯石郡」の項目には、「風土記」に「飯石郷(中略)云伊鼻志 神亀三年改字飯石」とみえるのが初見、とある。

資料2:p.384-「飯石郡」の項目に記述がある。
「いびしはもと意味の忘れられたこの地の古名であったのを、「飯」の字が宛てられて食料神と考えられるようになった。」(p.385)
「飯石神社には本殿がなく、この石(伊ビ志都幣命が降りて産む所とされた石)を神体として祀っている。「伊鼻志」を好字二字とする際「飯」と改めたのも、この神体石を食料神とする信仰によるものだろう」。(p.387-388)

資料3:p.1004-1005には、資料2とは別の論を挙げている
「『参究』は「いひし」を「飯主」とするが、『風土記』の「飯石」を採用すべきであろう。
飯石社のご神体が伝承の背景にあると考えられるからである。貞享2(1685)年に書かれた『飯石神社石記』においては、「其高可三尺四寸周囲適之形如盛飯」としており、飯石神社社家においては磐石を「盛飯」の形として認識していたことがわかる。まさに「飯石」である。」

資料4:p.68に、飯石神社の神体石の写真がある。(高さ約1.5メートル、底辺約3メートルのおにぎり様の形)

資料5:p.37「飯石津倍命」では、「風土記」と『参究』の内容をまとめている。ただし漢字の由来について他の情報はなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
神衹・神道史  (172 8版)
中国地方  (217 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 , 「角川日本地名大辞典」編纂委員会. 角川*日本地名大辞典 32. 角川書店, 1979.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004985916-00 , ISBN 4040013204 (当館請求記号:092.9/311 ※貸出禁止資料)
【資料2】加藤義成 著 , 加藤, 義成, 1905-1983. 修訂出雲国風土記参究 改訂4版. 松江今井書店, 1992.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002747138-00 , ISBN 4895930068 (当館請求記号:郷貸出291.7/カ92)
【資料3】関和彦 著 , 関, 和彦, 1947-2019. 『出雲国風土記』註論. 明石書店, 2006.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008311282-00 , ISBN 4750323764 (当館請求記号:郷貸出291.7/セ06)
【資料4】石神さんを訪ねて : 出雲の巨石信仰. 山陰中央新報社, 2015.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026961890-00 , ISBN 9784879031914 (当館請求記号:郷貸出387/イ15)
【資料5】島根県神社庁. 島根の神々. 島根県神社庁, 1987.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001893632-00  (当館請求記号:郷貸出175/シ87)
キーワード
(Keywords)
飯石郡
出雲国風土記
神社
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000289629解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!