このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2015-11
事例作成日
(Creation date)
2016年07月08日登録日時
(Registration date)
2016年07月08日 13時21分更新日時
(Last update)
2016年12月15日 11時50分
質問
(Question)
愛媛県松山市の「浅海」の地名の由来について知りたい。事前調査によると、「往古は一面海原であったが、地変によって原野となったため浅海と称したという」との情報を得ているが、地元の情報が知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に関連の記述があった。
【資料1】「浅海村」の項に「本村は浅海本谷、浅海原の二大字より成り、(略)又浅海原は往古は一面海原なりしが、後ち地変によりて原野となりしかば、斯く称へ来りしと伝ふ」とある。
【資料2】「浅海 昔は海原だったが、地変により原野になったといいます。」(p149)とある。
【資料3】「浅海本谷 浅海は浅い海、本谷は集落の中心をなした大きな谷の意味であろう。」(p879)とある。

またこの地に居住していた浅海氏にちなむとする説もあった。
【資料4】「浅海本谷村」の項に「浅海の地名については「吾妻鏡」元久二年(一二〇五)の条に「頼季浅海太郎」とあり、河野通信麾下の部将としての活動が「予章記」上蔵院本の興国三年(一三四二)の条などにもみられる。南北朝時代河野氏が細川頼之と戦った時、浅海は両者の攻防の要地として着目された。三方を山に囲まれた地形によるものと思われ、恵良・高縄両城との連絡も容易であったからであろう。」(p314)
「浅海原村」の項にも同様の記述がある(p314-315)。
【資料5】「もともとは遠浅の海を指しますが、この地域から出た武将が浅海氏を名のったことにちなみます。」(p112)
また同書p140には【資料2】と同じ記述が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『角川日本地名大辞典 38 愛媛県』(角川書店)には、「往古は一面海原であったが、地変によって原野となったため浅海と称したという」とある。
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『新編温泉郡誌 大典記念』(松田卯太郎/編 松山石版印刷所 1916年)<当館請求記号K293.4/2>
【資料2】『えひめ地名の秘密 地名でわかる愛媛の自然と合併の歴史』(土井中照/著 アトラス出版 2005年)<当館請求記号K290/ドア/2005>
【資料3】『北条市誌』(北条市誌編集委員会/編集 北条市誌編纂会 1981年)<当館請求記号K293.3/3>
【資料4】『日本歴史地名大系 39 愛媛県の地名』(平凡社 1980年)<当館請求記号K290/54>
【資料5】『松山新地名・町名の秘密』(アトラス出版 2014年)<当館請求記号K293.1/ドア/2014>
キーワード
(Keywords)
浅海(あさなみ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000194463解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!