このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
0000001835
事例作成日
(Creation date)
2020年07月24日登録日時
(Registration date)
2021年01月26日 10時43分更新日時
(Last update)
2021年01月26日 10時43分
質問
(Question)
福井市浄土寺町の地名由来を知りたい。またいつごろ地名がつけられたかも知りたい。
回答
(Answer)
福井市浄土寺町の地名は、中世この地に浄土寺と呼ばれる寺院があったことに由来します。記載資料は下記の通り。地名としていつから存在するかは不明ですが、下記資料に、慶長6年(1601年)の古文書に「浄土寺村」の記載があると記されています。なお、中世にあったという浄土寺の由緒や所在等は、史資料がないため不明です。

『角川日本地名大辞典18福井県』(角川書店 1989年)
p629「じょうどじ浄土寺〈福井市〉」項に、下記記載あり。
”地名は、中世この地に浄土寺と呼ばれる寺院があったことに由来する。同寺は応永22年12月18日の竜沢寺梅山聞本遺戒に「第四 越前浄土寺 曇瑚首座」とある(竜沢寺文書)。慶長6年12月5日の由木照盛・大町直政連署状によれば、小和田沖隣郷の村々が水損にあったので「浄土寺村」から山岸村まで5,700間の所に新堤をつくったとある。(林文書/越前若狭古文書選)”

【その他の調査済資料(関連事項の記載無し)】
『川西町史』
『福井県坂井郡誌』
『鶉の里物語』
『福井県史』
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000292940解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!