このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-20-031
事例作成日
(Creation date)
2020年6月5日登録日時
(Registration date)
2020年07月09日 10時22分更新日時
(Last update)
2020年11月26日 13時26分
質問
(Question)
伊那市東春近の地名「渡場(どば)」のいわれを知りたい。
回答
(Answer)
『地名「渡場」の由来』 のp.5に、「地名『渡場』の由来」という項があり、いわれについての記載がある。 

ここでは、『長野県の地名 その由来』 p.435-437、『上伊那の地名 その由来』 p.31-33を引いて
   「渡場」という地名の「渡=ど」は川と河を渡る所を意味し、
   「場」は場所を意味することばで渡河点(=とがてん)と同義語である。
   江戸時代前は河の合流点を渡る場所を『渡場』といっていたが、江戸時代になって、
   渡河点を意味する「渡場」が合流点に位置しているため、合流地点に木材を集積しておく
   場所を「どば」と呼ぶようになった。
としている。
 また、『知っておきたいふるさと伊那 第2集』 p.209-213を引いて、 
   渡場という地名は奥地で建築用の木材や榑木材(くれきざい)を切り出して、川を下し、
   木挺場に上げて置き、役人の指図で天竜川に入れ、目的地まで流し運び、その上げ置いた
   材木を天竜川に入れることを「渡入れ」といい、渡入れをする場所を渡場と名付けられた。
   東春近の渡場の地名もたいへん古く、意味のある地名である。(-後略-)
と、紹介している。
 さらに、「渡場」の地名は木川と木挺場に深くかかわりがあるとして、『東春近村誌』 p.640-642に掲載されている細田義一氏の「木川と木挺場」を紹介している。
『地名「渡場」の由来』p.5では、木川は、現在は用水路となっており、木挺場の跡地は茱萸(ぐみ)島集会場と紹介している。木川および茱萸(ぐみ)島は、現在の国土地理院の地図(電子国土web)には名称の記載は見当たらない。

『東春近村誌』では、p.130-131の「村の地名」に、島・原にかかわる地名として、渡場を挙げている。p.629-642では、通船と筏についての節があり、p.640-642の前掲の細田義一氏の「木川と木挺場」も含まれている。
 『伊那市史 歴史編』 p.1102-1108にかけて、通船と渡船について触れている部分がある。渡場については触れられていない。
 『高遠町誌 上巻』【N242/79/1-2】の林業の節のp.130では、
   (-前略-)川の湾曲のよどみに貯木できる場所を渡(ど)と言う。
   (-中略-)三峰川・天竜川・小黒川の合流点より少し下がって東春近渡場も材木渡場であった。
という記述があった。p.136には、「三峰川、天竜川流域略図(徳川林政史研究紀要参考)」という図があり、管流れ筏の経路が示されている。
回答プロセス
(Answering process)
1 国土地理院2万伍せ分の1地図で場所を確認する。利用者の問い合わせのとおり、伊那市東春近 付近で「渡場」の地名表記を見つける。
 
2 東春近 は、現・伊那市にあたるので、『伊那市誌』および『東春近村誌』を確認していく。

3 南信地域の史誌が配架されているN234周辺の棚で、実際に資料を探す。『地名「渡場」の由来』を始めとする東春近の地名のシリーズ本を発見する。これに、先行研究を含めて、詳しい調査が掲載されている。
 
<調査資料>
・『地名「渡場」の由来』 東春近渡場地名調査の会 2013 【N242/251/3】
・『長野県の地名 その由来』 松崎岩夫著 信濃古代文化研究所 1991 【N293/23】
・『上伊那の地名 その由来』 松崎岩夫著 ほおずき書籍 1999 【N242/142】
・『知っておきたいふるさと伊那 第2集』 ほおずき書籍 1990 【N242/102/2】
・『東春近村誌』 東春近村誌編纂委員会 東春近村誌刊行委員会 1972 【N242/52】
・『伊那市史 歴史編』伊那市史編纂委員会編 伊那市史刊行会 1984 【N242/86/3】
・『高遠町誌 上巻』【N242/79/1-2】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 10版)
中部地方  (215 10版)
参考資料
(Reference materials)
地名「渡場」の由来. 東春近渡場地名調査の会. ([伊那市古い地名調査報告書] : [3])
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I091585061-00  (【N242/251/3】)
松崎岩夫著 , 松崎, 岩夫. 長野県の地名その由来. 信濃古代文化研究所, 1991.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I009202097-00  (【N293/23】)
松崎岩夫著 , 松崎, 岩夫. 上伊那の地名その由来. ほおずき書籍, 1999.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I006574166-00 , ISBN 4795286469 (【N242/142】)
東春近村誌編纂委員会 編. 東春近村誌. 東春近村誌刊行委員会, 1972.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002576134-00  (【N242/52】)
キーワード
(Keywords)
地名
長野県‐地名
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000284405解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!