このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-2535
事例作成日
(Creation date)
2019年10月27日登録日時
(Registration date)
2019年12月24日 18時07分更新日時
(Last update)
2020年01月04日 11時58分
質問
(Question)
江戸時代の長良川とその支流が何と呼ばれていたか。
回答
(Answer)
明治10年刊行の『岐阜県地誌』より回答。
「長良川」のほか、上流を「郡上川」「上之保川」、下流を「河渡川」「墨股(俣)川」と呼んだ。
支流には武儀川、津保川、糸貫川、境川、中村川、大榑川が挙げられている。
回答プロセス
(Answering process)
明治初期の名称は江戸時代と大きく変わらないと考え、明治10年刊行の『岐阜県地誌』を参照。長良川について以下のように記載している。
-----(以下引用 なお旧漢字は新字体に置き換え)-----

長良川ハ、即チ古ノ藍見川ニシテ、上流ヲ郡上川ト云ヒ、下流ヲ河渡川或ハ墨股川ト云フ、源ヲ大日ヶ嶽ヨリ発シ、武儀郡ニ至リテ、武儀、津保等ノ諸水ヲ集メ、山県、方県、厚見ノ三郡ヲ経、本巣郡ニ至リテ、糸貫川ト会シ、安八郡ニ至リテ、境川ヲ合セ、己ニシテ又中村、大榑ノ二川ヲ分チ、海西、中島、両郡ノ間ヲ過ギテ木曽川ニ入ル、

------(引用ここまで)-----
※「藍見川」は古事記・日本書紀にある河川名。
明治30年刊行の『岐阜県地誌』では、ほぼ同様の記述で、上流を「上之保川」ということなどが加わっている。

また、江戸時代の美濃国の地誌『美濃明細記』『美濃雑事記』には河川に関する項目があり、当時の名称などが分かる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000271323解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!