このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000027249
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20060202
事例作成日
(Creation date)
2006年02月02日登録日時
(Registration date)
2006年02月02日 12時38分更新日時
(Last update)
2007年05月01日 16時38分
質問
(Question)
『赤本』という健康法についての本を書いた人は、福井県出身だと聞いた。福井県のどこの人か。
回答
(Answer)
『赤本』は、正式な書名を『家庭に於ける実際的看護の秘訣』といいます。
作者「築田多吉」は、
明治5(1872)年 福井県足羽郡酒生村(現:福井市)に生まれ、昭和32(1957)年に亡くなりました。
築田多吉については、
『足羽町史』足羽町史編纂委員会/編 1976.10 福井市発行 p781~782
『「赤本」の世界』山崎光夫/著 2001.10 文藝春秋発行 p17~55
「福井新聞」 2001年12月3日付1面 越山若水(コラム欄)
に、記述があります。


回答プロセス
(Answering process)
1 自館OPACで『赤本』を検索→『家庭に於ける実際的看護の秘訣』がヒットする。
2 『家庭に於ける実際的看護の秘訣』の著者「築田多吉」を福井県関係調査相談DB:人物文献索引で検索し回答した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家庭衛生  (598)
参考資料
(Reference materials)
「赤本」の世界:民間療法のバイブル 山崎光夫/著 2001.10 文藝春秋 (598.4/ヤマサ 1013859242
)
キーワード
(Keywords)
赤本
民間療法
築田多吉(1872-1957)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
東京都立中央図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000027249解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!