このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001056460
事例作成日
(Creation date)
2022/05/31登録日時
(Registration date)
2022年07月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年07月14日 00時30分
質問
(Question)
砂質土の定義が書かれている資料はないか。
回答
(Answer)
次の資料に記載がありました。

・『地盤材料試験の方法と解説 2分冊の1 第1回改訂版』(地盤工学会室内試験規格・基準委員会/編集 地盤工学会 2020.12)
p.72-77「2.2 地盤工学会基準「地盤材料の工学的分類方法」(JGS0051-2020)」のp.73に「図3‐土質材料の工学的分類体系(大分類)」が掲載されており、粗粒土Cm(粗粒分>50%)のうち、砂分≧礫分のものが砂質土〔S〕となっています。また、p.75の「a)土質材料の大分類」に図3の解説があり、「ここでいう粗粒分は0.075~75mmの構成分の含有率,細粒分は0.075mm未満の構成分の含有率をいう。礫分は2mm~75mmの構成分の含有率,砂分は0.075~2mmの構成分の含有率をいう。」とあります。

・『地質調査要領:効率的な地質調査を実施するために 改訂3版』(全国地質調査業協会連合会/編集 経済調査会 2015.9)
p.395-396に、地盤工学会の「地盤材料の工学的分類方法(JGS0051-2009)」の一部が掲載されています。
p.395には「図1-2-1 地盤材料の粒径区分と呼び名」の掲載があり、図から、粒径が0.075mmより小さいものが「細粒分」、0.075~75mmのものが「粗粒分」、0.075~2mmのものが「砂」、2~75mmのものが「礫」という呼び名であることがわかります。また、p.396には「図1-2-3 地盤材料の工学的分類体系」が掲載されており、「(a)粗粒土の工学的分類体系」の表があり、粗粒土Cm(粗粒分>50%)のうち、砂分≧礫分のものが砂質土〔S〕となっています。

・『土質工学をかじる:建設技術者の常識としての土質力学』(平井利一/編著 理工図書 2010.1)
p.58に「表2-3 土質材料の工学的分類体系」があり、粗粒土Cm(粗部分>50%)のうち、砂分≧礫分のものが砂質土〔S〕となっています。

[事例作成日:2022年5月31日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
土木力学.建設材料  (511 10版)
参考資料
(Reference materials)
地盤材料試験の方法と解説 2分冊の1 第1回改訂版 地盤工学会室内試験規格・基準委員会‖編集 地盤工学会 2020.12 (73,75)
地質調査要領 改訂3版 全国地質調査業協会連合会‖編集 経済調査会 2015.9 (395-396)
土質工学をかじる 新版 平井/利一∥編著 理工図書 2010.1 (58)
キーワード
(Keywords)
砂質土(サシツド)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000318687解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!