このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-050
事例作成日
(Creation date)
2012年03月06日登録日時
(Registration date)
2012年07月02日 11時42分更新日時
(Last update)
2012年10月02日 13時48分
質問
(Question)
「横須賀製鉄所の建設」のp53-54「第1表 幕府より明治政府へ製鉄所引渡しの際の立会人名簿」(明治元年4月1日現在)に記載された伊藤金太郎代人の「直吉」という人物は、『日本科学技術史大系 17 建築技術』p122「資料2-19 大工手間附」(明治4年6月)に現れる「福田直吉」と同一人物か知りたい。
回答
(Answer)
伊藤金太郎の代人「直吉」と「福田直吉」が同一人物であると特定できる資料は見つからなかった。

伊藤金太郎について記述のある以下の資料を紹介する。
『美術家人名事典 建築・彫刻篇』(日外アソシエーツ 2011)
p14〈伊藤金太郎〉に、「浦賀奉行所付大工棟梁」として略歴があるが、代人の〈直吉〉については記述なし。

『日本科学技術史大系 17 建築技術』(日本科学史学会編 第一法規出版 1964)質問の出典資料
p56横須賀製鉄所の「美賀保鋳物所引合済証書」(1868年10月)に、〈伊藤金太郎〉及び〈直吉〉の名あり。
p60慶応3(1868)年11月には、〈伊藤金太郎代〉に〈直吉〉の名はなし。

『経営と労働の明治維新 横須賀製鉄所・造船所を中心に』(西成田豊著 吉川弘文館 2004)
p46-47横須賀製鉄所建設の請負人として、伊藤金太郎の名前あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
秋本益利「横須賀製鉄所の建設」(「横浜市立大学論叢 社会科学系列 11(4)」横浜市立大学学術研究会 1960.4 p49-85) を見た。
NDC
個人伝記  (289 9版)
建築計画.施工  (525 9版)
参考資料
(Reference materials)
『美術家人名事典 建築・彫刻篇』(日外アソシエーツ 2011)
『日本科学技術史大系 17 建築技術』(日本科学史学会編 第一法規出版 1964) (質問の出典資料)
『経営と労働の明治維新 横須賀製鉄所・造船所を中心に』(西成田豊著 吉川弘文館 2004)
キーワード
(Keywords)
伊藤 金太郎(イトウ キンタロウ)
福田 直吉(フクダ ナオキチ)
大工-歴史
横須賀製鉄所
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000108058解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!