このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-05-134
事例作成日
(Creation date)
2005/03/28登録日時
(Registration date)
2006年04月28日 02時10分更新日時
(Last update)
2006年04月30日 11時49分
質問
(Question)
相撲巡業について。寛政6年3月頃、諏訪の神社の前で7日間くらい続けて相撲をとったという説があるが、これについて書かれた資料はあるか。
回答
(Answer)
江戸時代の信濃力士・雷電為右衛門(らいでん・ためえもん)の旅日記「諸国相撲控帳」に、信州巡業の記録あり。これによると、寛政6年2月20日に江戸を発ち、岩村田城下(佐久市)で5日間興行の後、諏訪(下諏訪町)で5日間興行したという。諏訪での興行が諏訪神社前であったかどうかは不明。

詳細は下記参照。
『雷電為右衛門旅日記』田中邦文著 東部町商工会青年部編 銀河書房 1983年 [N788/5]
「諸国相撲控帳」が収録されており、p.80に寛政6年の記述あり。

『力士雷電 上』小島貞ニ著 ベースボール・マガジン社 1998年 [N788/11/1]
上記資料と同内容の記述がp.140にあり。

『信濃力士伝 江戸時代篇』中村倭夫著 甲陽書房 1973年 [N788/2/1]
巻末の信濃相撲年譜に「雷電・甲斐嶽一行、上諏訪において相撲興行」との記述あり。(p.309)
回答プロセス
(Answering process)
① 諏訪での出来事なので郷土資料の地史関係資料(2類)、及び諏訪神社関係の資料(1類)を調査。記述なし。

② 相撲に関することなので、郷土の民俗学関係資料(3類)も調査するが、手がかりは見つからず。

③ 「相撲をとったという説」はどこから出てきたのか質問者にヒアリングを試みるが、質問者不在のため話が出来ず。

④ 歴史・民俗学関係では資料がなかったので、スポーツ方面からの調査に切り替える。郷土資料のスポーツ関係資料を調査したところ、江戸時代の長野出身力士、雷電為右衛門について書かれた本のなかに、諏訪巡業の記述あり。

⑤ 人物(雷電為右衛門)をキーワードに調査。上記3文献に諏訪巡業についての記述があることが判明。しかし、神社の前で相撲をとったかについては判らなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
諏訪市博物館、諏訪市役所文化財係、諏訪市保存会にそれぞれ照会したが不明。
NDC
中部地方  (215 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
雷電為右衛門(らいでん・ためえもん)
相撲
諏訪(長野県)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
県内図書館
登録番号
(Registration number)
1000028504解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!