このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1509
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時04分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
東方寺阿弥陀三尊不動明王磨崖仏の概要を知りたい。
回答
(Answer)
東方寺は大津市大石富川町にあります。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「(前略)富川の磨崖仏とか「耳だれ不動尊」として知られている。この地は、平安時代に岩尾山明王寺、または富川寺という興福寺に関係する寺があったという。磨崖仏は15mあまりの大きな岩はだにきざまれ、中央には阿弥陀如来の坐像、その左右に脇侍の観音・勢至の両菩薩立像をきざむ。この三尊はやや薄肉彫りとなっていて、頭の部分に光背をつけ、阿弥陀には台座と蓮華座が、両脇侍には蓮華座がついている。不動明王はたんに線刻となっている。鎌倉時代後期ころの作といわれる。耳の病に効験があるとして参拝者が多い。大津市指定史跡。(西川丈雄)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.515

2 大津の文化財 大津市教育委員会∥編集 大津市教育委員会 1998年 SB-7011- 98
キーワード
(Keywords)
東方寺
史跡
明王寺
富川寺
古代寺院
石造品
仏像
耳だれ不動尊
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102954解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!