このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1593
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時04分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
明寿院木造大黒天半伽像の概要を知りたい。
回答
(Answer)
明寿院は愛荘町松尾寺にある金剛輪寺の僧坊です。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「大黒天は最澄が信仰したことから、延暦寺では古くより満山の守護神として尊崇され、現在でも天台系寺院の食厨(じきふ)によくみうけられる。大黒天の像形は2種あり、神王形で牀(しょう)に半伽し金?(きんのう)をにぎる姿のものと、立像で烏帽子狩衣(えぼしかりぎぬ)をつけ袴を短くつけて左手に大袋を持ち肩にかけ右手作拳のものである。(中略)明寿院の像は、2種の大黒天のうち前者の姿をとり、この種のうちではもっとも古様な作例として注目されている。像高49.4cm。本体と金?、岩座を含めてヒノキ一材から彫出する。表面は簡略な表現を行い、彩色によって像を荘厳にしようとする意識がはたらいている。制作年代は、11世紀初を降るものではないであろう。重要文化財。(後略)(井上一稔)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.708

2 近江文化財全集 下巻 近江史跡会∥編集 近江史跡会 1974年 SB-7000-2
キーワード
(Keywords)
明寿院
重要文化財
金剛輪寺
仏像
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102940解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!