このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1528
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時04分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
飯道神社懸仏の概要を知りたい。
回答
(Answer)
飯道神社は甲賀市信楽町宮町にあります。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「1976年(昭和51)7月、本殿の解体修理工事にさいし、内陣の壇の内側から1038点にもおよぶ懸仏とその付属品が発見された。懸仏とは、円形の金属板などに、神仏の像容を線刻であらわしたり、別につくった尊像をとりつけて、社寺の堂内の壁面や梁に懸け吊って礼拝の対象とするものである。飯道神社の懸仏は、本殿が火災にあったため、鏡板をうしなうなど完形品が少なく、やや小型の部類に属する。このうち表現された尊像としては、釈迦如来、薬師如来、阿弥陀如来の三尊が圧倒的に多く、ほかに聖観音、十一面観音、千手観音、地蔵菩薩、毘沙門天などがある。平安時代後期を降らぬ毛彫り阿弥陀如来懸仏や建長4年(1252)の墨書銘をもつ金銅薬師如来懸仏は代表的な優品。制作は平安時代から江戸時代にかけてのもので、これほどまとまって伝存する例は県内ではめずらしい。県指定文化財。(宮本忠雄)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.581
キーワード
(Keywords)
飯道神社
滋賀県指定文化財
仏像
懸仏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102902解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!