このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-2497
事例作成日
(Creation date)
2020/07/19登録日時
(Registration date)
2020年09月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年09月17日 13時36分
質問
(Question)
秋田県南部で食されているという「三杯みそ」について調べてる。
「三杯みそ」と救荒食だった蕨粉とのつながりについて言及した資料はあるか。
つじやのHPに「大曲・仙北地方には昔から『みそ』『はな(花)みそ』と呼ばれ、食されてきた素朴で懐かしい郷土菓子がある。江戸時代・天保年間(1781~1788年)、大曲・仙北地域の凶作の際に、ワラビの根から採れるでん粉で作った『ネバナ餅』『ネバナみそ』(今のワラビ餅の原型)が起源といわれています」とある。
「つじや」による説明が正しいものかどうか知りたい。
回答
(Answer)
次の資料を案内。

①『秋田県史 民俗・工芸編』(秋田県/編、秋田県、1978.3、210/アア/8郷)資料番号:111327409

②『新田沢湖町史』(新田沢湖町史編纂委員会/編、田沢湖町教育委員会、1997.3、214.7/シシ/郷)資料番号:128422359

③『協和町史 下巻』(協和町史編さん委員会/編、協和町、2002.3、214.7/キキ/2郷)資料番号:128772159

④『西木村郷土誌 民俗編』(西木村郷土史編纂委員会/編、西木村、2000.3、214.7/ニニ/郷)資料番号:128634946

⑤『角館誌 第8巻 衣・食・住編』(「角館誌」編纂委員会/編、角館誌刊行会、1980.3、214.7/カカ/8)資料番号:124154568

⑥『秋田の古文書研究(4) 江戸時代の惨状』(長岐喜代次/編著、小猿部古文書解読研究会、1994.2、202/ナア/)資料番号:124045725

⑦『餅 民俗選書 1』(藤田 秀司/著、秋田文化出版社、1983.5、383.8/フモ/郷)資料番号:111246054

⑧『日本の食生活全集 5 聞き書 秋田の食事』(農山漁村文化協会、1986.2、383.8/ノニ/5郷)資料番号:124026444

⑨『あきたの味 農家の手づくり』(農山漁家生活改善実行グループ秋田県連絡協議会/編、1979.11、A596/30/)資料番号:111540084

・秋田魁新報 マイクロフィルム
昭和40年4月26日 夕刊2面
記事名:ふるさとの味 歯ざわりよい”山の味” ねばなもち(五城目)
回答プロセス
(Answering process)
・『秋田大百科』確認。該当箇所なし。
・『秋田市史』確認。該当箇所なし。
・『秋田県史』確認。
①『秋田県史 民俗・工芸編』(秋田県/編、秋田県、1978.3、210/アア/8郷)資料番号:111327409
→p.426 葛や蕨の粉(花根)でるつくる葛餅・蕨餅(根花餅又根餅という)がある。 記載あり
p.430 葛餅と蕨餅
蕨餅を簡潔にまとめた製造法と蕨餅・秋田藩主の関わりについて記載あり

・『田沢湖町史』確認。
②『新田沢湖町史』(新田沢湖町史編纂委員会/編、田沢湖町教育委員会、1997.3、214.7/シシ/郷)資料番号:128422359
→p.948 凶作の年には村の許可を得てワラビの根を掘って、その澱粉を餅(根餅)にしてキナコや味噌をつけて食べた。と記載あり

・『協和町町史』を確認。
③『協和町史 下巻』(協和町史編さん委員会/編、協和町、2002.3、214.7/キキ/2郷)資料番号:128772159
→p.472 ケカチ食
飢饉 がさらに厳しくなるとワラビ根から澱粉を採ったり 記載あり
ネギッチ ワラビの根から澱粉を採取する道具の白黒写真あり

・『西木村郷土誌 民俗編』確認。
④『西木村郷土誌 民俗編』(西木村郷土史編纂委員会/編、西木村、2000.3、214.7/ニニ/郷)資料番号:128634946
→p.131-133 行事食以外の餅と代用食の餅(4)ネバナモチ
ワラビ、ネバナの産地、作り方について記載あり
p.162 凶作・飢饉の食べ物ー救荒食(6)蕨粉(根花)
根餅だけでは体が腫れてくるので、かならずキナ粉をつけて食べた。記載あり

・『角館誌』を確認。
⑤『角館誌 第8巻 衣・食・住編』(「角館誌」編纂委員会/編、角館誌刊行会、1980.3、214.7/カカ/8)資料番号:124154568
→p.139-141 ネバナモチについて記載あり
p.148 三バイモチ(三バイミソ)について記載あり

・所蔵資料検索にて「飢饉」をキーワード検索。
下記の資料が該当。
⑥『秋田の古文書研究(4) 江戸時代の惨状』(長岐喜代次/編著、小猿部古文書解読研究会、1994.2、202/ナア/)資料番号:124045725
→p.10 天明の大飢饉 七日市村の肝煎、長崎七左衛門
(一)置きみやげ添日記
(一部抜粋)蕨の根の粉にしたものを混ぜて食べていたが、これも食い尽くしたので (以下略)
p.21(四)長谷川伊三郎の「天保飢饉の見聞録」
(一部抜粋)なるほど、この土に根花の粉(わらび根の粉)を入れて餅に侟えたのを見れば、うまそうに見えるけれども、これを食べた者は末には糞づまりになり、大変苦しんだそうである。
p.54-55 第四章 飢饉の時の食事法 二救荒食物の加工法
(一部抜粋)これらの救荒食物の中で、最も多く用いられたものは、蕨の根からとった澱粉で作った「わらびの根もち」であったが、これは、米の粉か麦の粉を交えて食うべく、わらびの粉ばかり食ってはいけないと注意を与えている。(この他に「わらびの根」・「わらび粉をとる」・「わらびの根堀り」・「加工用の根舟」の白黒写真があり。)
p.72 第五章 資料編 二天保飢饉の惨状要約
「わらびの根」の製造法が記載あり。

・NDC分類、383(民俗)、596(料理)郷土の棚をブラウジング。
下記の資料が該当。
⑦『餅 民俗選書 1』(藤田 秀司/著、秋田文化出版社、1983.5、383.8/フモ/郷)資料番号:111246054
→p.51-52 三杯餅(三杯味噌)について記載あり
p.60-63 ネバナ餅について記載あり

⑧『日本の食生活全集 5 聞き書 秋田の食事』(農山漁村文化協会、1986.2、383.8/ノニ/5郷)資料番号:124026444
→口絵カラー写真(15)
奥羽山脈系(田沢湖)73墓祝いの重箱料理としてゆべし写真あり
p.115 米利用の仕方に「菓子もちーゆべしー三ばい味噌」と記載あり
p.154 県南横手(中仙町)での基本食とその食べ方表
分類:こねもの、だんご 料理名:ゆべし、三杯味噌 食べ方:うるち、もち米の粉半々、もち米粉 位置づけ:晴食 食べる時期:ゆべしは春 三杯味噌は春と秋 記載あり
p.305 三ばいみそ
もち米粉、うるち米粉、小豆粉を等分に混ぜ合わせ、水を少し加えてよく練ったものに、塩一つまみと砂糖をたっぷり入れ、棒状にして布で包んでふかす。これを巻きもののように切って、何か行事があるときの重箱料理とする。「ゆべし」ともいう。記載あり
p.311-312 ねばなもちの作り方記載あり
p.342-343 ねばなもち(わらびの根もち)について記載あり

⑨『あきたの味 農家の手づくり』(農山漁家生活改善実行グループ秋田県連絡協議会/編、1979.11、A596/30/)資料番号:111540084
→p.14-15 ゆべしの作り方(仙北郡田沢湖町) 記載あり
白ゆべし:もち米の粉、小麦粉
小豆ゆべし:うるち米の粉、もち米の粉
由来 ゆべしは祝儀の口取り、お正月、おひな様などの行事にかかせないものとして使われている。記載あり
p.19 三杯もちの作り方(北秋田郡森吉町) 記載あり
うるち米の粉、もち米の粉 記載あり
p.19-20 三杯みその作り方(横手市平和町) 記載あり
うるち米の粉、もち米の粉 記載あり
由来 昔は、お菓子を買うことがほとんどなかったので、おひな祭りの時など、三杯みそやすし巻、ひしもち、あられなどを作って供えた。記載あり

秋田県立図書館デジタルアーカイブにて「ねばなもち」をキーワード検索。
下記の資料が該当。

・秋田魁新報 マイクロフィルム
昭和40年4月26日 夕刊2面
記事名:ふるさとの味 歯ざわりよい”山の味” ねばなもち(五城目)
ねばなもちについて記載あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2)
社会科学  (3)
技術  (5)
参考資料
(Reference materials)
秋田県史民俗・工芸編秋田県/編秋田県
新田沢湖町史新田沢湖町史編纂委員会/編田沢湖町教育委員会
協和町史下巻協和町史編さん委員会/編協和町
西木村郷土誌西木村郷土史編纂委員会/編西木村
秋田の古文書研究(4)長岐喜代次/編著小猿部古文書解読研究会
餅藤田 秀司/著秋田文化出版社
日本の食生活全集5農山漁村文化協会
あきたの味 農家の手づくり農山漁家生活改善実行グループ秋田県連絡協議会/編農山漁家生活改善実行グループ秋田県連絡協
キーワード
(Keywords)
三杯みそ(サンバイミソ)
蕨餅(ワラビモチ)
根餅(ネモチ)
ネバナ餅(ネバナモチ)
ゆべし(ゆべし)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵・所在調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000286617解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!