このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000030667
事例作成日
(Creation date)
2020年01月01日登録日時
(Registration date)
2021年01月29日 14時23分更新日時
(Last update)
2021年01月29日 14時33分
質問
(Question)
葉っぱで生きている木が、冬になり、葉っぱを落としてしまった時、なぜ生きていられるのか?
(8歳の男の子からの質問)
回答
(Answer)
『ひろって調べる落ち葉のずかん』に「冬は気温が低く、葉の光合成のはたらきが弱まります。葉をつけたままだとその分のエネルギーを使ってしまうので、落葉樹では葉を一斉に落とし、春になったらまた新しい葉をつくるというやり方で冬を過ごします。」と葉を落とす理由が書かれている。
また、『紅葉・落ち葉・冬芽の大研究』に「植物にとって最も大切な葉を落とし、活動をやめてねむる。冬は太陽の光が弱く、低温であるばかりでなく、乾燥がきびしいので、エネルギーを節約するためだ。」「光合成をするにも太陽の光は弱く、効率がわるく、むだなエネルギーを使う。そこで落葉樹は、葉を落として水分や養分を失うことを防いでいるのです。また、葉を落とすことで木にとっていらなくなった物質も捨てているのです。」とより詳しい説明がある。
『紅葉のふしぎ』には「葉を落とす前にからだの中にたくわえておいた養分で、きびしい冬をすごすのです。」と木が冬に使う養分についても説明がある。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 最初に紅葉のしくみの本を植物関係の本がある棚(NDC470~)で探す。『紅葉のふしぎ』で葉の色が変わり、落ちるしくみがあることを確認。母親に見せると「紅葉のしくみというよりは、葉を落とした後の木のことを知りたい」と、質問者である8歳の男の子の言いたいことを伝えてくれる。

(2) 植物関係の棚では上記の本以外なかったので、自館システムで書名「光合成」場所区分「1階子ども」で検索。ヒットせず。書名「光合成」、資料種別「児童図書」で検索、『光合成とエネルギー』がヒットするが、質問の答えはなし。

(3) 自館システムで書名「紅葉」場所区分「1階子ども」で検索。植物とは異なる棚(NDC653)の本『紅葉・落ち葉・冬芽の大研究』がヒットした。棚を確認すると他にも関連本があったので、順番に中を確認。

(4) 『ひろって調べる落ち葉のずかん』にどうやって生きているかではないが、答えの一つと思われる「冬は気温が低く、葉の光合成のはたらきが弱まります。葉をつけたままだとその分のエネルギーを使ってしまうので、落葉樹は葉を一斉に落とし、春になったらまた新しい葉をつくるというやり方で冬を過ごします。」と記載あり。易しい言葉に言い換えながら説明。このページを男の子が母親に見せる。

(5) 『紅葉・落ち葉・冬芽の大研究』p.50「冬の落葉広葉樹」の説明として「植物にとって最も大切な葉を落とし、活動をやめてねむる。冬は太陽の光が弱く、低温であるばかりでなく、乾燥がきびしいので、エネルギーを節約するためだ。」と記載あり。p.14には「光合成をするにも太陽の光は弱く、効率がわるく、むだなエネルギーを使う。そこで落葉樹は、葉を落として水分や養分を失うことを防いでいるのです。また、葉を落とすことで木にとっていらなくなった物質も捨てているのです。」と記載あり。易しい言葉に変換、説明後、光合成のことを知らないとわからないと理解できないと考え、p.11の光合成の説明のページを見せながら、わかるか確認したところ、わかると言う。母親にこの本も見てもらうと「この3冊の本でよい」とのこと。全部借りていかれた。

(6) 借りていった本が返却されたので確認すると『紅葉のふしぎ』p.11に「植物は、冬のおとずれに先だって、養分をからだの中にしっかりとたくわえます。」p.47に「葉を落としてしまうと、樹木はもう、養分をつくることはできません。これからは、葉を落とす前にからだの中にたくわえておいた養分で、きびしい冬をすごすのです。」と記載があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
被子植物  (479 10版)
参考資料
(Reference materials)
佐藤有恒 著 , 佐藤, 有恒, 1928-1991. 紅葉のふしぎ 新装版. あかね書房, 2005. (科学のアルバム ; 植物 15)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007736216-00 , ISBN 4251033884 (p.11,47)
安田守 写真・文 , 中川重年 監修 , 安田, 守, 1963- , 中川, 重年, 1946-. ひろって調べる落ち葉のずかん. 岩崎書店, 2018. (調べる学習百科)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I029338937-00 , ISBN 9784265086320 (p.64)
飯村茂樹 写真 , 岡崎務 文 , 星野義延 監修 , 飯村, 茂樹, 1958- , 岡崎, 務, 1949- , 星野, 義延, 1955-. 紅葉・落ち葉・冬芽の大研究 : さまざまな色と形 : 葉のひみつをさぐろう!. PHP研究所, 2011.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011298623-00 , ISBN 9784569781846 (p.14,50)
キーワード
(Keywords)
植物
落葉樹
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000293127解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!