このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-150035
事例作成日
(Creation date)
2013/04/06登録日時
(Registration date)
2015年11月19日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年11月19日 00時30分
質問
(Question)
「ヤマザクラ」は,花が咲くより先に葉が出ると聞いたことがある。本当かどうか知りたい。
回答
(Answer)
1 次の資料に記載がありました。※【 】内は当館請求記号
資料1 永田洋 編 浅田信行 編『さくら百科』丸善, 2010【479.75/101/R】
p.99 「3.吉野山の桜の保護・再生に向けて」の項
「(前略)ヤマザクラはもともと,西日本に広く分布する野生種である.若木のときは赤みの強い新しい葉芽が薄桃色の花より先に展開するのが目立つが,年をとるにつれて長枝が少なくなって葉芽が目立たなくなり,満開時には樹冠一面が雪をかぶったような,みごとな開花景観となる.(後略)」

p.76 「ソメイヨシノの出自」の項
「(前略)甲は「ヒガンザクラ」(74ページ脚注*1),乙は「ヤマザクラ」,丙は「ソメイヨシノ」である.(中略)(甲乙丙)「3種の違いは,苞片の形色,花梗(=花柄)の分岐の仕方,(中略)花と葉が同時なのか前後するのか(中略)などである.(後略)」
※ただし,“花と葉が前後するのがどの種なのか”についての記載はありませんでした。

2 参考
資料2-5には,「花と葉が同時」である旨の記載がありました。ただし,「花より葉が先」である旨の記載は確認できませんでした。
資料2 平井 信二『木の大百科 解説編』 朝倉書店, 1996【653.2/96Y/R】
資料3 木村陽二郎 監修 植物文化研究会 編『図説花と樹の事典』柏書房, 2005【470.33/055/R】
資料4 大貫茂 編著『桜の話題事典』東京堂出版, 2010【479.75/103/R】
資料5 林 弥栄 編 解説『日本の樹木』山と渓谷社, 1990【653.2/906/R】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
被子植物  (479 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
樹木
広葉樹
落葉樹
被子植物
バラ目
サクラ
花弁園芸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000184164解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!