このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
熊本県立図書館 (2110023)管理番号
(Control number)
0401000976
事例作成日
(Creation date)
20190717登録日時
(Registration date)
2019年12月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年10月17日 17時35分
質問
(Question)
お盆の時期 熊本県内でも、7月にお盆をする地域と、8月にお盆をする地域があると聞いた。それぞれどの地域がどちらに該当するのか、またその理由はなにかあるのか。
回答
(Answer)
熊本市(旧市内)、山鹿市、植木町、玉東町、泗水町など県北部では七月盆(7月13~15日)が多いが、その他の地域では八月盆(8月13~15日)が多い。
(熊本市内でも、白石町、旧天明町、川尻、御幸西無田などは八月。)
戦前までは球磨や天草地方では旧暦で行っていたが、今はすたれた。
七月盆の理由としては、太陽暦採用後、軍人と官公庁の町だった関係で新しい法律に従った。養蚕が盛んで8月は7月より忙しかった。
八月盆の理由としては、八月の方が旧暦のお盆に近い。親戚が一堂に集まれる夏休みであることから、近年では八月盆に移行している。
ただし、初盆に限っては七月に行うこともある。
回答プロセス
(Answering process)
『新・熊本の冠婚葬祭』熊本日日新聞社(1996年)
P171,197 7月盆は熊本市、山鹿市、植木町、玉東町、泗水町など県北部に多くみられるが、現在では8月盆に移行しつつある。そのほかの地域では夏休みを兼ね8月盆が普通。戦前までは球磨や天草地方などは旧暦で行っていたが、今はすたれてしまった。
『熊本の冠婚葬祭』熊本日日新聞社/編 熊本日日新聞社 (1989年)
P129 全国的には8月盆だが、熊本市、山鹿市、植木町、玉東町、泗水町、北部町など県北部は7月盆が主流。太陽暦採用後、軍人と官公庁の町だった関係で新しい法律に従った、養蚕が盛んで8月は7月より忙しかったなどと理由付けされている。しかし、親せきが一堂に集まれる8月盆に移りつつある。初盆だけは7月に行う場合も。
『熊本の冠婚葬祭』熊本日日新聞社/〔編〕 熊本日日新聞社(1992年)
P244 もともとは旧暦7月15日を中心に行っていたが、太陽暦になってから7月15日、8月15日、あるいは旧暦とまちまちに。旧熊本市、山鹿市、植木町など県北部では7月15日、そのほかの地域では夏休みを兼ねた旧盆8月が普通。
『熊本の冠婚葬祭』熊本日日新聞社(2001年)
P224,284 熊本市の一部、山鹿・植木まど県北で7月盆。全体的には8月盆に移行。初盆に限り7月に行う地域もある。
『新熊本市史』 別編第2巻民俗・文化財 新熊本市史編纂委員会/編集 熊本市(1996年)
P230 第四節「盆の行事」 七日の朝早く墓掃除に行くところ(秋津町沼山津など)もあって、七夕の日が盆のはじまりとも考えられている。ふつうは七月一三日から七月一五日まで。ところによって、月遅れあるいは旧暦の七月一三~一五日に実施するところもある
『熊本県年中行事誌』丸山 学/著 日本談義社(1952年)
P102 「盆の行事」 七夕や八朔との関わりは記載があるが、地域差の理由などの記述はない。
『熊本県大百科事典』熊本日日新聞社/編 熊本日日新聞社(1982年)
P744 「盆」もともと旧暦七月中旬を中心に営まれていたが、太陽暦になってから七月一五日のほか八月一五日、あるいは旧暦七月一五日にするなど地域によってまちまち。熊本では旧市内が七月一三~一五日、その他の地域では八月に催される。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 10版)
参考資料
(Reference materials)
熊本県大百科事典,熊本日日新聞社/編,熊本日日新聞社,1982.4 (P744 「盆」|0111647095|C/031/ク/)
熊本県年中行事誌,丸山 学/著,日本談義社,1952. (P102 「盆の行事」 七夕や八朔との関わりは記載があるが、地域差の理由などの記述はない。|0111641692|C/386.8/マ/)
新熊本市史 別編第2巻民俗・文化財,新熊本市史編纂委員会/編集,熊本市,1996.3 (P230 第四節盆の行事|0119477206|C/210/A/)
熊本の冠婚葬祭,熊本日日新聞社,2001.10 (P224,284 熊本市の一部、山鹿・植木まど県北で7月盆。全体的には8月盆に移行。初盆に限り7月に行う地域もある。|0117696765|C/385/ク/)
熊本の冠婚葬祭,熊本日日新聞社/〔編〕,熊本日日新聞社,1992.9 (P244 もともとは旧暦7月15日を中心に行っていたが、太陽暦になってから7月15日、8月15日、あるいは旧暦とまちまちに。旧熊本市、山鹿市、植木町など県北部では7月15日、そのほかの地域では夏休みを兼ねた旧盆8月が普通。|0115212854|C/385/ク/)
熊本の冠婚葬祭,熊本日日新聞社/編,熊本日日新聞社,1989年 (P129 全国的には8月盆だが、熊本市、山鹿市、植木町、玉東町、泗水町、北部町など県北部は7月盆が主流。太陽暦採用後、軍人と官公庁の町だった関係で新しい法律に従った、養蚕が盛んで8月は7月より忙しかったなどと理由付けされている。しかし、親せきが一堂に集まれる8月盆に移りつつある。熊本市内でも初盆だけは7月。|0114234289|C/385/ク/)
新・熊本の冠婚葬祭,熊本日日新聞社,1996.12 (P171,197 7月盆は熊本市、山鹿市、植木町、玉東町、泗水町など県北部に多くみられるが、現在では8月盆に移行しつつある。そのほかの地域では夏休みを兼ね8月盆が普通。戦前までは球磨や天草地方などは旧暦で行っていたが、今はすたれてしまった。|0116565656|C/385/ク/)
キーワード
(Keywords)
年中行事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000271943解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!