このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20070303
事例作成日
(Creation date)
2007年03月03日登録日時
(Registration date)
2007年04月06日 11時19分更新日時
(Last update)
2007年05月01日 15時50分
質問
(Question)
米沢藩出身の官僚政治家宮島誠一郎ついて調べている。その明治四年の日記に鈴木■二という人物が頻繁に登場する。鈴木は宮島の急進的な藩政改革を全国に広める同志。小笠原幹・松平正直・堤正誼らとともに登場するので、おそらく福井藩の大・少参事かと思われる。まず、■に入る文字が「金偏に散」と読めるが、正しくはどのような文字なのか。また、明治7年の日記には「鈴木魯」という人物も登場するが、これと鈴木■二が同一人物なのか。
回答
(Answer)
■に入る文字は「王偏に敬」。また鈴木■[王偏に敬]二と鈴木魯とは同一人物か
回答プロセス
(Answering process)
当館HP「福井県関係調査相談DB」「人物文献索引」で「鈴木魯」を検索→「鈴木蓼処」がヒット 
福井藩士で詩人、藩儒をつとめた人物で、名が魯、字が敬玉
典拠文献 
1.笠井助治『近世藩校に於ける学統学派の研究 上』(吉川弘文館、1969年) 
2.福田源三郎『越前人物志 中・下(復刻版)』(思文閣、1972年) 
3.石橋重吉『若越墓碑めぐり(復刻版)』(歴史図書社、1976年)
蓼処は号で、名が魯、字が敬玉とあるが、「〓[金偏に散]二」と「魯」とが同一人物であるかは不明。
次に松平文庫、幕末維新期に関する藩士の名簿類をいくつか調査。
既に翻刻されている史料
○松平文庫898「藩制役成」(『福井市史 資料編5』福井市、1990年に翻刻)明治二年二月ごろの藩士名簿  
高百石 鈴木〓[言偏に敬]二  慶応二寅十月十三日父百助休息、家督無相違役御番入、御詩作御相手
※ただし、「言偏に敬」の字の脇に「王偏に敬」との注記あり
○松平文庫905「藩制御礼式」(『福井市史 資料編5』福井市、1990年に翻刻)明治三年十二月~明治四年二月の藩士名簿  
一等教授 学監文学所佐教 鈴木〓[王偏に敬]二
次に未翻刻史料からも列挙しておきます。
○松平文庫899「役成人名簿」明治二年二月当時。同年版籍奉還後の役職改称、改正給禄を朱書 
 米六十俵四斗三升六合   高百石 鈴木〓[王偏に敬]二   慶応二寅十月十三日父百助休息、家督無相違役御番入、侍作御相手是迄之通、明治二巳二月廿九日明道館訓導
○松平文庫900「福井藩役成順」記載内容は899と同一
○松平文庫901「福井藩職員録」明治二年頃の職員録  四等   高百石 訓導 鈴木〓[王偏に敬]二
○松平文庫903「福井藩職員録」版籍奉還後の新官制による職員録  十二等   大属     年給五十俵      学監      鈴木〓[王偏に敬]二      文学書佐教
○松平文庫921「福井藩人事記録 士族」幕末維新期の藩士の勤書集成安政四年五月~明治五年九月までの履歴を細かく記載。おそらくは、鈴木魯の字(あざな)「敬玉」を一文字に作り変えた字が、「王偏に敬」か。以上のことより、鈴木魯=鈴木〓[王偏に敬]二と考えて差し支えなさそう。(従って「金偏に散」ではない)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
宮島誠一郎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000034362解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!