このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006320
事例作成日
(Creation date)
2010年04月09日登録日時
(Registration date)
2010年10月22日 14時52分更新日時
(Last update)
2010年11月14日 13時21分
質問
(Question)
川合信水が、大正11(1922)年第4回国際労働会議の委員に選ばれた理由を知りたい。
回答
(Answer)
川合信水(しんすい)は、労働者による選挙(大正11年8月8日開票)で第4回国際労働会議の派遣代表として選出された。大正11(1922)年8月9日付け「読売新聞」記事には、郡是株式会社教育部長の信水は、温厚で高徳な君子として会社内のみならず、関西の労働者間に非常に信頼が厚く、選挙時には大阪、三重、兵庫、岡山の各府県ではこぞって信水に投票した旨記述がある。信水は体調不良等を理由に代表を辞退した。
回答プロセス
(Answering process)
1.川合信水について以下の資料にあたるが、国際労働会議についての記述はなし。
・『新宗教教団・人物事典』(井上 順孝ほか編集 弘文堂 1996年)
・『向上之一路』(四方文吉著・発行1929年)
・『山月子回顧ノート:近代の文人・思想家たち(学道叢書)』(川合道雄著 基督心宗教団事務局出版部 富士吉田 1965年)
・『川合山月と明治の文学者達』正・続(川合道雄著 基督心宗教団事務局出版部 1954,1957年)
・『グンゼ100年史:1896-1996』(グンゼ 1998年)
・『メイド・イン・ジャパンのキリスト教』(マーク・R・マリンズ著 トランスビュー 2005年)

2.インターネットで検索すると、神戸大学電子図書館システム( http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/sinbun/vlist/koro07.html ※2010.10.22確認)より、第4回国際労働会議に派遣する代表を決定する選挙に関する新聞記事「国際労働代表選挙:川合氏が最高点:承認するのは結局田沢氏か」(大阪毎日新聞 大正11(1922)8月9日付け)などがヒット。

3.所蔵の「大正時代の読売新聞」(CD-ROM)を検索すると大正11(1922)年8月9日付け新聞記事「労働代表に当選した川合氏は引受ない:政治問題には携わらぬと:お鉢は三位の田澤氏に廻るか」がヒットし、信水の得票に結びついた経緯についての記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
「読売新聞」大正11(1922)年8月9日付け (「大正時代の読売新聞」(CD-ROM)
)
キーワード
(Keywords)
川合信水
国際労働会議
山梨県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
川合信水(1867~1962)は、基督心宗教団開祖。山梨県南都留郡西桂町小沼生まれ。明治23(1890)年にキリスト教に入信して上京し、女学雑誌社に入社。明治28(1895)年東北学院を卒業し、同学院教師、函館毎日新聞記者、前橋市共愛女学校長、郡是製糸教育総理等を歴任。昭和2(1927)年基督心宗を創立、昭和11(1936)年山梨県不二山荘に移り、伝道生活を送る。昭和35(1960)年富士吉田市名誉市民。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土(人物-近代以降)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000072660解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!