このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001017102
事例作成日
(Creation date)
2016/07/08登録日時
(Registration date)
2016年10月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年10月02日 00時30分
質問
(Question)
由比正雪(ゆい・しょうせつ)の生家が知りたい。
回答
(Answer)
出生について諸説あり、断定できませんでしたが、「由比」か「宮ヶ崎」が有力のようです。
以下に記述のあった資料を紹介します。

『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社/編 朝日新聞社 1994.11)
p1765に「駿河国(静岡県)由比の染物屋の子とする説、駿河国浅間(せんげん)宮ケ崎の岡村弥右衛門の子とする説などがあり定かでない」とあります。

『日本近世人名辞典』(竹内誠/編 吉川弘文館 2005.12)
p1094~1095に「出生については、新井白石が「わき沙汰には駿河の由井の紺屋の子と申し候」(『白石先生手簡』)と述べているように、早くから由比(静岡県庵原郡由比町)出生説が流布していたが、別に駿府の宮ヶ崎(静岡県葵区宮ヶ崎町)辺に両親や知合いが多く住んでいたところから駿府出生説が有力である。しかしその他の説もあって正確なことは判明していない。

『由比正雪 (人物叢書 新装版)』(進士慶幹/著 吉川弘文館 1986.5)
p1~10に由比説と宮ヶ崎説についての記述があります。

[事例作成日:2016年7月8日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
朝日日本歴史人物事典 朝日新聞社∥編 朝日新聞社 1994.11
日本近世人名辞典 竹内/誠∥編 吉川弘文館 2005.12
由比正雪 進士/慶幹∥著 吉川弘文館 1986.5
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物・団体
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000197656解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!