このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-200045
事例作成日
(Creation date)
2020/09/26登録日時
(Registration date)
2020年10月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年10月16日 00時30分
質問
(Question)
幕末,仙台藩校養賢堂で教えていて,後に福島県新地町の観海堂の教授となった氏家晋は,養賢堂ではどのような地位・立場だったか。
回答
(Answer)
下記資料に関連する記述がありました。

資料1 加藤文弥稿, 松田亨校訂『氏家閑存と観海堂』氏家閑存先生頌徳会, 1958【K289/ウ3】
(1)p.6 「五.閑存先生養賢堂の教授になる」の項
 p.6 「安政元年正月,昌平黌に業を卆って江戸を辞し,二月に仙台に帰る。藩公大いに喜んで,直ちに養父参の後を継ぎ,養賢堂教授を命ぜられた。(後略)」
(2)pp.7-8 「七.先生藩公の侍講となる」の項
 pp.7-8 「先生は藩学養賢堂に指南役として教鞭をとる傍ら,慶応二年八月より古内左近介組の小姓組置となり,更に親しく藩公慶邦の侍講を命ぜられ和漢の書を進講した。(後略)」

資料2 宮城県教育委員会編『宮城県教育百年史 第1巻』ぎょうせい, 1976【K372/ミ1-2/1】
pp.91-94 「庶民のための養賢堂日講所」の項
p.94 「氏家晋 亘理郡荒浜に生まれる。江戸昌平黌に学び,のち養賢堂指南役となり侍講を兼ねた。(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
加藤 文弥/稿 松田 亨/校訂. 氏家閑存と観海堂. 氏家閑存先生頌徳会, 1958【K289/ウ3】:
宮城県教育委員会/編. 宮城県教育百年史 第1巻. ぎょうせい, 1976【K372/ミ1-2/1】:
キーワード
(Keywords)
氏家, 晋(ウジイエ, ススム)
氏家, 閑存(ウジイエ, カンソン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000288324解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!