このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2000-008
事例作成日
(Creation date)
2000/04/29登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時46分更新日時
(Last update)
2009年11月20日 13時26分
質問
(Question)
昭和23年の川越市大字脇田(前原)500(横河電機の旧所在地)が、現川越市旭町2-3-7(市立川越商業高校現所在地)かどうか確認したい。
回答
(Answer)
『川越市教育委員会40年誌』によれば、川越商業高校は現在の旭町へ昭和35年2月に移転とわかる。
『埼玉新聞マイクロフィルム 昭和30年11月8日』に、商業高校「横河電機跡に移築」の記事あり。
調査経緯の資料をあわせて回答する。
回答プロセス
(Answering process)
『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』『川越の地名調査報告書』(町名地番整理地域新旧対照図あり)、『川越大辞典』(旧現町名字名の対比あり)などを調べるが、正確には確認できず。
「川越市新市建設計画書」の昭和33年の地図に横河電機あり。基本計画に「昭和33年度より4カ年計画で南部新整地に移転」とある。
『川越市全図』の昭和30年と64年を比較すると、同じ場所のように見える。
『川越市教育委員会40年誌』によれば、川越商業高校は現在の旭町へ昭和35年2月に移転した。昭和30年11月に土地買収を行う。
『埼玉新聞マイクロフィルム 昭和30年11月8日』に、商業高校「横河電機跡に移築」の記事あり。
以上を回答する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『川越市教育委員会40年誌』(川越市教育委員会 1993)
『埼玉新聞マイクロフィルム 昭和30年11月8日』
キーワード
(Keywords)
埼玉県-川越市-地名
川越商業高等学校
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例-参考資料-埼玉新聞-解決
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000018307解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!