このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2017-221
事例作成日
(Creation date)
2018/01/28登録日時
(Registration date)
2018年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年05月09日 14時22分
質問
(Question)
原稿用紙の起源が知りたい。
以前,塙保己一が「群書類従」の版木として使用したのがはじめと聞いたことがあるが,それでいいのか。
回答
(Answer)
(1) 『日本大百科全書 8』-「原稿用紙」 p.315
「来歴には諸説あるが、現在使用されている400字詰め原稿用紙の型を使用したものとしてもっとも古いものは、『日本外史』を書いた頼山陽(らいさんよう)のつくらせた赤線罫(けい)の用紙である。幕末から明治にかけての文士、漢学者らは、板木に原稿用紙向けの版を彫り、自ら印刷して利用していた。」との記述あり。

(2) 『よくわかる最新印刷の基本と仕組み』 p.16
京都府宇治市の黄檗宗宝蔵院の重要文化財「鉄眼版一切経版木」を,「現在の400字詰め原稿用紙の起源になったともいわれています」と紹介。

(3) 塙保己一史料館のweb
http://www.onkogakkai.com/gunshoruijyu_hangi.htm  [最終アクセス 2018/02/16]
塙保己一説が出てこなかったため,史料館のwebを確認。
〈版木の文字数〉の解説に,
「版木の文字数については、黄檗版鉄眼一切経が縦一列で20文字、横10行と定めた。その後、塙保己一は版木一面の文字数を横10行・縦20文字・2段として、400文字詰様式にした。これが原稿用紙の起源といわれている。」との記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
その他確認済資料
×『年表で見るモノの歴史事典 下』(資料番号:001052465752)
×『ものの歴史を知る本 1』(資料番号:001052699723)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (031 9版)
印刷  (749 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本大百科全書8小学館
よくわかる最新印刷の基本と仕組み松縄 正彦(1951~)/著秀和システム
キーワード
(Keywords)
原稿用紙(ゲンコウヨウシ)
モノの始まり(モノノハジマリ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
クイックレファレンス
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233486解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!