このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2007-1117
事例作成日
(Creation date)
2007年11月17日登録日時
(Registration date)
2007年12月18日 11時24分更新日時
(Last update)
2008年01月29日 11時21分
質問
(Question)
1980~90年代くらいに日米貿易摩擦で日本製自動車を壊す様子が報道されていたが、そうした写真が掲載されている資料はないか。
回答
(Answer)
1.日本車を壊している画像として、下記記事を紹介。
「相次ぐ米労働者批判発言に米側反発 米で広がる日本車壊し」
1992年2月24日撮影 同年3月3日読売新聞朝刊掲載    
よみうり写真館( http://www.yomiuri.co.jp/shashinkan/  2007/11/17確認)

2.高等学校の教科書『詳説日本史 : 日本史B』 (山川出版社 , 2003)p.383に写真有り。ただし当館では所蔵していない。 
ジャパン=バッシング  「写真は日本製自動車をたたきこわして抗議する米国市民。」
回答プロセス
(Answering process)
1.世界史(NDC:209)や日本史(210)のうち、写真が豊富に掲載されている資料をあたるが該当なし。

2.朝日新聞報道写真集、読売報道写真集の該当年代を福井県立図書館で確認してもらうが、該当なし。

3.自動車に関する資料(537)あたるが、該当なし。
 『50年の歩み:1947~1997』(自動車産業経営者連盟 1997)pp.68-69、巻末「資料編」pp.172-177に第二次オイルショックやそれ以降の貿易摩擦など関連事項の記述はあった。

4.レファレンス協同DB、webで「自動車」、「(日米)貿易摩擦」などで検索するが該当なし。

5.よみうり写真館で「自動車」で検索し、 「相次ぐ米労働者批判発言に米側反発 米で広がる日本車壊し 1992年」があることがわかった。
日本車をハンマーでたたく写真で、説明によれば、「日本政治家たちの米労働者批判発言が引き金となり、米経済、特に自動車産業の苦しさをぶちまけるように日本非難、バイ・アメリカン運動が広がった。」とある。日本車を壊すたたきつぶすデモンストレーション。質問の内容とは異なるかもしれないので、説明して紹介。

6.後日、近畿大学中央図書館様より、高校教科書に記載ありとの情報を得られた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
写真集  (748 8版)
ジャーナリズム.新聞  (070 8版)
自動車工学  (537 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
貿易摩擦
報道写真
自動車
照会先
(Institution or person inquired for advice)
福井県立図書館
寄与者
(Contributor)
近畿大学中央図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000040372解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!