このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000257119
提供館
(Library)
熊本県立図書館 (2110023)管理番号
(Control number)
0401000471
事例作成日
(Creation date)
20181206登録日時
(Registration date)
2019年06月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年09月25日 11時53分
質問
(Question)
金栗四三が3度のオリンピックでマラソン代表に選ばれたのはなぜか
回答
(Answer)
『洋泉社MOOK 金栗四三の生涯』(洋泉社)のp.106~「金栗四三の年譜」より。

1度目の出場は1911年(明治44年)11月19日に行われた「オリンピック・ストックホルム大会に向けた国内初の予選会で25マイル・マラソンに出場。当時の世界記録を大きく更新する2時間32分45秒で優勝」し、翌1912年(明治45年)2月15日に「大日本体育協会とJOCにより、短距離で三島弥彦、マラソンで金栗四三が初の日本代表選手として推薦される」とある。

2度目の出場は1920年(大正9年)4月に行われた「オリンピック・アントワープ大会の国内予選で優勝し、二度目の代表に選出される」とある。

3度目の出場は1924年(大正13年)5月に行われた「オリンピック・パリ大会の国内予選で優勝し、三度目の代表選手に選出される」とある。

詳しい予選会の内容は『金栗四三 消えたオリンピック走者』(佐山和夫/著)にストックホルム大会予選はp.44~、アントワープ大会予選はp.166~にそれぞれ書かれている。

以上の資料を紹介して回答とした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
金栗四三の生涯,洋泉社,2018.8 (0119651578|/782.3/カ/)
金栗四三,佐山 和夫/著,潮出版社,2017.12 (0141648568|/782.3/サ/)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000257119解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!