このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2014-27
事例作成日
(Creation date)
2014/06/08登録日時
(Registration date)
2014年11月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年03月05日 12時47分
質問
(Question)
(1)テレホンカード、(2)オレンジカード、(3)パスネット。これらの発行数の推移を知りたい。また、オレンジカードとパスネットについては流通期間が短く、発行数の推移がわからなければ、その変遷について書かれた資料でも構わない。
回答
(Answer)
(1)テレホンカードの発行数の推移について
発行数ではありませんが、NTT東日本のホームページで、昭和57年度から最近までの各年度の販売数を一覧できます。NTT東西の合算値で、磁気カードとICカードの別、一般カードとデザインカードの別、度数の種類別に記載されています。最新版は「インフォメーションNTT東日本2013」です。NTT東日本のトップページ>企業情報>公開情報>インフォメーションNTT東日本と進み、電話・その他サービス内の公衆電話の項目で「テレホンカード販売数の推移」を見られます。
https://www.ntt-east.co.jp/databook/index.html
また、下記の資料には、昭和60年度(1985)から平成6年度(1994)までの各年度の販売数が一般カードとデザインカードの別、度数の種類別に記載されています。
【資料1】『NTTの10年 資料編』p77「テレホンカード販売状況」

(2)オレンジカードの発行数の推移について
発行数の推移を記載した資料・情報源は見つかりませんでした。政府刊行物や新聞記事でしたら、大まかな傾向、断片的な数値(発行数、販売額)を記載したものがありました。
【資料2】『通商白書 平成元年 総論』p98
クレジットカード・キャッシュカード・テレホンカード(1988年まで)とオレンジカード(1987年まで)の年度別の発行枚数のグラフが載っています(但し、詳細な数値は不明)。
【資料3】「消えゆくオレカ JR切符購入カード、首都圏販売3月終了 ICカードに押され」『朝日新聞』2012年1月24日夕刊11頁
JR東日本における販売額は、1990~1996年度に毎年300億円以上。その後は、1997年度に114億円、2010年度に4億円(24万6千枚)まで減少します。JR6社合計の販売枚数は2010年度に233万枚。各社ごとの発行枚数は公表されていないとのことです。「JR東日本のオレンジカードの販売額の推移」(1989~2010年度)のグラフがありますが、詳細な数値は不明です。
同じ記事をインターネットでも閲覧できます。
朝日新聞デジタル「消えゆくオレンジカード 首都圏販売3月末で終了」2012年1月24日
http://www.asahi.com/travel/aviation/TKY201201240267.html
他にもこのようなネット上の記事があります。
msn産経ニュース「JRの「オレンジカード」来年3月で販売終了 Suicaなど普及で役目終える」2012年12月4日
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121204/biz12120415090014-n1.htm
JR6社合計の発行枚数は、2001年度に400万枚、2011年度に215万枚、2012年度上半期に17万6千枚と減少が続いています。

(3)パスネットの発行数の推移について
発行数の推移を記載した資料・情報源は見つかりませんでした。次の新聞記事とウェブサイトに2004年度現在の累積発行枚数が1億1512万枚と記載されているのが見つかりました。
【資料4】「電車・バス、全部1枚で 首都圏で07年3月から導入」『朝日新聞』2005年12月22日朝刊1頁
パスネット・バス連絡協議会/株式会社パスモ「新しいICカード乗車券の名称とデザインが決まりました」3.発行目標枚数
http://www.shinkeisei.co.jp/old/topics/2005/065.pdf
なお、パスネットの変遷については、次の雑誌記事が参考になると見られます。但し、当館で所蔵していないため内容を確認できませんでした。
斉賀幸治「パスネット 「パスネット」の歩みとICカード導入の経緯と課題」『JR gazette』62巻10号(交通新聞社 2004年10月)p17~19
回答プロセス
(Answering process)
辞典類で各カードの流通期間を確認しました。テレホンカードは1982年発売、オレンジカードは1985~2013年3月、パスネットは2000~2008年1月です。各カードの発行元(NTT、JR各社、私鉄各社)のホームページや刊行物を確認しました。また、自館の蔵書検索、Googleブックス、各紙の新聞記事データベース、並びにインターネット検索で下記のキーワードを組み合わせて検索し、各種資料、インターネット情報源に関連情報を探しました。
(以下、確認済みの資料)
『鉄道統計年報』(国土交通省鉄道局監修 電気車研究会)及び『JR EAST』(ジェイアール東日本企画)の2013年3月付近の巻号。
『東日本旅客鉄道株式会社二十年史』(東日本旅客鉄道 2007)
『東海旅客鉄道20年史』(東海旅客鉄道 2007)
『自動改札のひみつ』(椎橋章夫著 交通研究協会 2003 交通ブックス)
『新世紀へ走るJR西日本10年のあゆみ』(西日本旅客鉄道株式会社[編]監修 西日本旅客鉄道 1997)
『NTTの10年 通史編』(NTTラーニングシステムズ株式会社編集 日本電信電話株式会社社史編纂委員会 1996)
『NTTの10年 サービス・技術編』(NTTラーニングシステムズ株式会社編集 日本電信電話株式会社社史編纂委員会 1996)
『きっぷの話』(徳江茂著 交通研究協会 1994 交通ブックス)
『JRオレンジカード大図鑑』(講談社 1992 講談社KK文庫)
『プリペイドカードビジネス』(吉田豊著 ビジネス社 1990)
『プリペイド・カードの実際と導入の手引き』(大沢光著 日本実業出版社 1990)
『JR西日本 '90』(JR西日本[編] 西日本旅客鉄道 1990)
『JR西日本 1989』(西日本旅客鉄道 1989)
『プリペイドカード 現状と課題』(通商産業省取引信用室編 東洋経済新報社 1989)
『プリペイドカードのすべて』(流通問題研究所編 ビジネス社 1988)
『テレホンカード成功の秘密』(上之郷利昭著 エヌ・ティ・ティ・アド 1986)
『ザ・テレホンカード』(神林留雄著 ダイヤモンド社 1986)
(確認済みの資料終わり)
なお、下記の資料(市場調査レポート)は当館で未所蔵のため内容を確認できませんでしたが、この質問の参考になる可能性があるので示します。いずれも出版者、情報源は富士キメラ総研のホームページです( http://www.fcr.co.jp/ )。
『カード市場マーケティング要覧 2006年版』「パスネットカード」
『2000年版 カード市場マーケティング要覧』「JRオレンジカード」「テレホンカード」
『カード関連ビジネスの現状と将来展望2011』「テレホンカード」「鉄道/バス乗車券(IC/磁気)」
『2014 次世代カードソリューション/電子マネー関連ビジネス市場調査要覧』「テレホンカード」「鉄道/バス乗車券(IC/磁気)」
(インターネット最終アクセス:2014年9月26日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電気通信事業  (694 9版)
金融.銀行.信託  (338 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『NTTの10年 資料編』(NTTラーニングシステムズ株式会社編集 日本電信電話株式会社社史編纂委員会 1996)|0105117822
【資料2】『通商白書 平成元年 総論』(通商産業省編 大蔵省印刷局 1989)|9103692090
【資料3】『朝日新聞』2012年1月24日夕刊11頁
【資料4】『朝日新聞』2005年12月22日朝刊1頁
キーワード
(Keywords)
プリペイドカード(プリペイドカード)
テレホンカード(テレホンカード)
オレンジカード(オレンジカード)
パスネット(パスネット)
乗車券(ジョウシャケン)
NTT(エヌティティ)
電信電話(デンシンデンワ)
JR(ジェイアール)
旅客鉄道(リョカクテツドウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000163323解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!