このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
徳島県立図書館 (2110015)管理番号
(Control number)
徳参20170803
事例作成日
(Creation date)
20170822登録日時
(Registration date)
2020年04月10日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月10日 00時30分
質問
(Question)
子どもの宿題で灯りの歴史について調べている。昔の庶民が使っていた魚油の作り方を知りたい。
回答
(Answer)
A.『あかり博物誌:灯火から照明への煌めき』朝日新聞社/編 朝日新聞社 1986.2
p.85 灯油(1)動物油 に魚油の説明あり。
 「魚油の大部分はイワシの油であったが、そのほかサンマ・ニシン・サメ・イカナゴ・フグ・タラ・
 ハタハタなどの油、それにクジラ・イルカなど海獣の脂も魚油と称して灯火用に供された。」
 製造法の説明はなし。

B.『油の絵本(つくってあそぼう・15)』鈴木修武/へん 農山漁村文化協会 2006.2
 p.10 原料の入手と油のとりだし方のちがい
 「動物油脂は、煮て分離 豚や牛、魚といった動物の脂肪から油をとりだすには、原料をなべに入れて
 加熱し、脂肪を溶かして集めるよ。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
ご自身で所蔵検索された『魚油製造法』荒井玄蕃/著 厚生閣 1949は、出版が古くて、内容が難しい。
NDC
油脂類  (576 8版)
参考資料
(Reference materials)
魚油製造法 (668.2アラ荒井玄蕃/著 厚生閣 1949)
あかり博物誌:灯火から照明への煌めき (545.4アサp.85朝日新聞社/編 朝日新聞社 1986.2)
油の絵本(つくってあそぼう・15) (576ススp.10鈴木修武/へん 農山漁村文化協会 2006.2)
キーワード
(Keywords)
魚油 灯油 製油
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000280448解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!