このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr257
事例作成日
(Creation date)
2012年06月20日登録日時
(Registration date)
2012年12月01日 11時18分更新日時
(Last update)
2012年12月01日 11時18分
質問
(Question)
足尾銅山で昔、労働者の子弟の教育のために作られた「工手学校」について書かれた資料はないか。『足尾銅山 小野崎一徳写真帖』(小野崎一徳/〔撮影〕 小野崎敏/編著 新樹社 2006)p146に、古河氏が作ったとあるが。
回答
(Answer)
古河氏が作った工手学校については、以下の資料に記載がありました。

・『足尾銅山史』(村上安正/著 随想舎 2006)
「第9章 第3節 社会環境整備の道程」の「2 教育機関の整備拡充」の中に、「工手教習所の開設」という説明部分があります(p319-320)。開設の経緯、入所資格、教習期間と待遇、卒業後の進路等が、簡単に記されています。

この他、次の資料を確認しましたが、関連する記述を確認することはできませんでした。
・『工手学校 旧幕臣たちの技術者教育』 (茅原健/著 中央公論新社 2007)
・『足尾銅山の産業遺跡』(足尾町教育委員会/編 足尾町教育委員会 2006)
・『足尾銅山史 別冊 資料『足尾銅山史』索引』(村上安正/著 随想社 2006)
・『足尾万華鏡 銅山町を彩った暮らしと文化』(三浦佐久子/著 随想舎 2004)
・『運鈍根の男 古河市兵衛の生涯』(砂川幸雄/著 晶文社 2001)
・『続足尾銅山の社会史』 (太田貞祐/著 ユーコン企画 1993)
・『足尾銅山の社会史』 (太田貞祐/著 ユーコン企画 1992)
・『栃木県教育史 上巻・通史編』(栃木県教育史編さん委員会/編 栃木県連合教育会 1990)
・『足尾暴動の史的分析 鉱山労働者の社会史』(二村一夫/著 東京大学出版会 1988)
・『栃木県史 通史編 8.近現代(3)』 (栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1984)
・『第一次大戦後の産銅業労資関係の展開 古河足尾鉱業所を素材として』(市原博/著 青木書店 1983)
・『栃木史心会報 栃木史心会会報 6号』(栃木史心会/編 栃木史心会 1980)
  村上安正/著「足尾銅山に関する文献について」
・『創業100年史』 (日本経営史研究所/編 古河鉱業 1976)
・『古河市兵衛事歴』 (大正4年8月稿 自館複製)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育  (370 9版)
金属工学.鉱山工学  (560 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
工手学校
足尾銅山
古河鉱業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000115201解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!